そういう、ビジネスモデルです。

ビジネスモデル、設計図、模型などの現状と動向を考察、関連書籍の紹介

Endless Legend Expansion Set(AAR)Roving Clan

f:id:tombi-aburage:20190203094932j:plain

モヒカンのオッサンによる「世の中は金が全てだ」的なイントロの後、プレイ開始。

f:id:tombi-aburage:20190203095205j:plain

島だった。

そりゃねーよ、とっつあん。投了。

f:id:tombi-aburage:20190203100519j:plain

あらためまして、今度はまともな土地 (Turn 19)

今度はちゃんと大陸に出た。

全ての勢力中で最高レベルの速度を活かして周辺を探索する。

隣の州の小勢力を懐柔したら1つめのクエストが完了となり、産業 +8 のお守りをもらえた。 

f:id:tombi-aburage:20190203103454j:plain

最初から傭兵市場にアクセスできるので、デーモンを底値で買えます。

1つめの時代では、傭兵市場が最初から利用できる状態となっている。

f:id:tombi-aburage:20190203100113j:plain

運が良ければデーモン Daemon を格安で買える。しかも勢力の特徴として、

  • 傭兵の体力が2倍

なのでデーモンの体力は300となり、地元じゃ負け知らず

f:id:tombi-aburage:20190203102615j:plain

エストの完了条件で戦略資源が必要?問題ありません、買えばいいのです。

f:id:tombi-aburage:20190203105742j:plain

贅沢資源がないと国がもたない?問題ありません、買えばいいのです。

f:id:tombi-aburage:20190205204200j:plain

小勢力を8か所懐柔の伝説的偉業も簡単に達成できてしまう。
貰った技術は、さして有用でもないけど。他の勢力の手に渡るよりはマシ。

f:id:tombi-aburage:20190203105814j:plain

最大の特徴は、町の移動ができること。

巨大な甲虫の背中に、その町に建てた施設をしょわせて移動する。

大きさ1の都市ならば展開は1ターンで終わるので、毎ターン終わりに町を畳んでは移動先に展開、畳んでは展開を繰り返しながら移動し続けることができる。

畳むターンには、産業 industry 以外の資源を生産すること。生産途中のものは引き継がれず無駄になるので。もし生産するなら、資金を使ってでも完了させること。

  • プレイ開始直後は研究 research の出力が多い所へ町を建て、探検隊 search party その他、幾つか再序盤で急ぎの技術を研究開発する
  • その後、食糧・産業がもっと豊富な場所に移って人口を増加させる
  • 贅沢・戦略資源のあるヘクスに移動し、鉱山 Extractor を自動設立させる
  • アノマリ、贅沢・戦略資源、小勢力が多い州に定住する

人口が十分に増えたら、Aquapulvistics を開発した後、海沿い・湖沿いに移動して、資金を荒稼ぎすることもできる。

注意点:小勢力を同化済みの場合、街を畳むと懐柔が解除されてしまい、投資した影響は無駄になる。

贅沢・戦略資源の上に展開すると extractor が自動で建つ

これは便利、建設にかかる時間の数ターン分が節約できる。

f:id:tombi-aburage:20190203182523j:plain

自分から宣戦布告はできない

冷戦中 Cold War の相手には、他勢力と同様に戦闘を仕掛けることができるが、いったん和平した相手に戦闘を仕掛けることはできない。

f:id:tombi-aburage:20190204024257j:plain

2つ目の時代に私掠行為 privateer を可能にする技術 Freelance Guards があるので、これを開発して傭兵のみ(ヒーローなし)の部隊で周辺を荒らす。

素性はバレないので、荒らす相手は同盟国でもかまわない。

自分から宣戦布告できず、基本的に大きな戦争を準備することが無いので、ヒーローは1名を探索ビルド、残りは内政ビルドにして街に留守番させたほうがよい。

エストで獲得したユニットや、余った生産力で作った軍は、傭兵市場に売り飛ばして換金するとよい。

研究開発は、賛同 approval や贅沢資源重視がよい

移動力が最高で探検・調査の効率がとても良いので、探検隊 Search Party はいの一番に開発する。ヒーローのスキルも移動力追加を真っ先にとってさらに速度を上げる。

Roving Clan は今いる場所よりも良い土地を見つけ次第、そこに丸ごと移るか、新たに植民者を作り、じわじわと町を移動させながら新天地を押さえにいくので、他の勢力よりも多くの町を持つ傾向にある。したがって賛同 approval や贅沢資源に関連する技術を重視したほうがよい。

町が多いため、贅沢資源の発動は、かなり効果がある。

食糧・産業・研究の技術については、地形や季節の条件がなく、人口に比例して出力が増える技術を優先して研究開発する。

武器については、時代ごとの通常装備と、クエストで拾う装備や貰う技術で十分なので意識して開発する必要はない。

2つめの時代の道路 imperial 何トカは、研究・資金を大幅に増やすので必須。

造船所 Shipyard、火船 Fireship など海軍は、海ぎわに町を移して、そこで傭兵を買えばすむので必要ない。(つい癖で作ってしまったが、ムダだった)

負ける気しないが、勝ちに行くこともできない(Trun 84)

スコアではダントツになったが、戦争を仕掛けることができないので、勝ちに行きづらい。後日再開するかもしれないので保存しといて投了。

f:id:tombi-aburage:20190205222158j:plain

Flickr Pro が期限切れで、写真と動画のファイルが削除されそうだ。

 

Flickr Pro よりファイル削除通知

文集作るために記念写真が入り用になり、久しぶりに Flickr にログインしたら、

写真と動画の数が 1000を超えているので、2月5日以降、古いファイルは削除のリスクがあるから Pro を買えとの警告が出てきた。

your photos are at risk of deletion soon.

Your Free Flickr account is limited to 1,000 photos or videos. Starting February 5th, the oldest items over the limit will be at risk of deletion. Upgrade to Flickr Pro for unlimited storage.

f:id:tombi-aburage:20190202062931p:plain

3日後じゃないか!聞いてないよ!

というか、1TB まで無料じゃなかったっけ?

慌ててダウンロード

調べてみたら、

  • Camera Roll の画面で 500枚まで写真を選択
  • ダウンロード用の Zip ファイルを生成依頼
  • ダウンロード

の手順で手許にダウンロードできるとのことだったので慌てて退避を始めた。

夜だと Wimax 回線が混んでいて、いつまで経っても終わらないので、早起きしてやってみたら1GBでも20分弱でダウンロードできた。

実は4年前に Pro アカウントが期限切れにされていた

もともとそうだったのか、後付けで期限切れにされたのかは分からないが、期限が切れるという通知は 15 Mar 13, 9.22PM JST に FlikcrMailのメッセージで来ていた。

Your Flickr PRO account will expire on Mar 29

Just a friendly reminder that your Flickr PRO account will expire on:
Fri, March 29.

You can purchase another year or two of Flickr PRO goodness here.

If your PRO account does expire, don't panic! There's information in our FAQ on what you can expect.

As always, Flickreenos are standing by if you have any questions or comments. Please feel free to drop a line to Flickr Help

ファイル生成とダウンロードを3回繰り返しダウンロード完了

マウスドラッグで写真を500枚以下の範囲で選んでから、ダウンロードすると、ダウンロード用の Zip ファイルを生成依頼したことになる。

暫くすると、自分の FlickrMail / Inbox に完了通知とダウンロード用のリンクが発行されるので、クリックしてダウンロードする。

f:id:tombi-aburage:20190202062936p:plain

3回繰り返して、1500枚弱を全てダウンロードした。

結局、クラウドサービスはあてにならない

パソコンのハードディスクが壊れた時の備えとして、わざわざ何時間もかけて Flickr にアップロードしたのだが、結局オチは課金しなければ削除されるというものだった。

2015年以降は Facebook に保存(投稿)しており、そちらはまだ無事(容量制限とかなさそう)だが、いつどうなるか知れたものではない。

記念写真や動画全てあわせてもファイルサイズは数ギガしかないので、複数のハードディスクまたはUSBメモリに保存しながら、メディアが陳腐化または故障する前に引き継いでいくのが一番よさそうだ。 

いまだと 64GBあたりが、GB単価でコスパが良いようだ。アマゾン限定で1700円を割っている。

すごい時代になったものだ(手許の256MBのUSBメモリを見つめつつ感嘆)

実際に削除されるかどうか経過観察

ダウンロードした後、あえて Flickr 上のファイルは削除せずに放置しておくことにした。4年間、削除されず仕舞いだったので暫くは大丈夫なのかもしれないので。

しかし一応調べてみたら、11月に以下の記事があった。

同日以降は写真あるいは動画をアップロードできなくなる。

ということで消されはしないらしいが、いつまで信じていいものかは分からない。
とにかく間に合ってよかった。

www.itmedia.co.jp

 

Endless Legend Expansion Set(AAR)Drakken

f:id:tombi-aburage:20190128190651j:plain

兎角、竜というと多くのゲームで以下の設定になっている。

  • 大昔から住んでいるヌシ
  • 悟りを開いているので平和的
  • 飛べる、火を吐く

本作の Drakken も大体そんな感じで、

  • 最初から全ての勢力の位置を知っており、領内の都市の成長も見える。

    f:id:tombi-aburage:20190201145048j:plain

  • 政治力(外交力)に長けている。
    影響 influence の貯まりが早く、相手国に条約を強制できる。
    f:id:tombi-aburage:20190128190909j:plain
    ありあまる影響力で序盤から、このような荒業も可能となる。f:id:tombi-aburage:20190128220258j:plain
  • 川沿いの土地だと資金が増える。たぶん出現位置に川が出やすい。
    遺跡がある土地から科学・影響がもらえる。
    f:id:tombi-aburage:20190128191015j:plain

ただし、炎は吐かず、回復魔法とかを使う。

懐柔する小勢力の数を増やす技術とかもある。

1つめの時代にこの技術がある。外交力の賜物か。

f:id:tombi-aburage:20190128191602j:plain

他勢力の抱いている感情の意味が分からん場合

Drakken のプレイで、外交画面を真面目に使うようになってはじめて気づいた。
Mocking、Indifferent、Pitying とか細かく分かれているが、いったいどういう序列なのだ?

f:id:tombi-aburage:20190201150419j:plain

ある程度は  外交 - Endless Legend JP Wiki* で分かったが、全部は分からなかった。
マウスオーバーすると、何を優勢・劣勢と考えているかわかるので、それで推測はできる。

プレイ開始(Turn 1)

まあまあ河川のそばに出た。

f:id:tombi-aburage:20190202073013j:plain

勢力固有のクエストがすぐに出る。放っておいても達成できるやつだ。

f:id:tombi-aburage:20190202073028j:plain

戦略資源が両方ともあった(Turn 5)

ラッキー。金鉱Gold Deposit まであるし。

f:id:tombi-aburage:20190202073755j:plain

隣国のアーデント・メイジ Ardent Mages とさっそく揉める(Turn 14)

領内を歩いていたらドロンジョ様に襲われた。当たり前か…

部下どうしが相打ちになり、ボスどうしの戦いとなった。
しかしボスは両方とも支援系で、本人の攻撃力は大したことがないので、勝負はつかずに終わった。

f:id:tombi-aburage:20190202075518j:plain

小勢力 Sister of Mercy のクエスト(Turn 54)

味方にした小勢力 Sister of Mercy には、勢力固有のクエストがあるっぽい。

f:id:tombi-aburage:20190202113101j:plain

9ターン後、ユニット3つに加えてヒーローまで手に入れた。
傭兵市場で購入することもできたのだが、買わずにすませた。

勢力特有のスキルで賛同 Approval を30%まで増幅できるので、留守番に向いている。

f:id:tombi-aburage:20190202121942j:plain

けっこうビックリするクエスト A Cursed Bounty

2つの遺跡の討ち、どちらかに財宝があるので探せというクエスト。
小勢力の群れの出現の仕方がすごい。

f:id:tombi-aburage:20190201181336j:plain

しかし、Drakken のボスには「自分が襲われないようにする」というスキルがあるので全然危険ではないのであった。

f:id:tombi-aburage:20190201181340j:plain

ほぼ勝ちパターン(Turn 97)

アーデントメイジは真っ先に始末した。南と西に寄せていく。もう負けはなかろう。

f:id:tombi-aburage:20190203052644j:plain

勢力クエストの4つめクリア(Turn 117)

Spheroid of Drakken Lore なるアイテムもらった。大していらないけど。

f:id:tombi-aburage:20190203074401j:plain

続けるのがつらくなって投了(Turn 122)

もう消化試合なので、都市の生産は全部自動運営に切り替えた。
しかしそれでも面倒くさいので一応保存の上、投了とした。

f:id:tombi-aburage:20190203082741j:plain

f:id:tombi-aburage:20190203082822j:plain

気が向いたら実績完了させよう。(多分しないと思う)

資金と影響力が余るので、プレイは内政重視に

  • 影響 influence の産出が多く、1つめの時代から小勢力 minor faction を2つ解放できるので、2つめ3つめの都市建設を早く行ったほうがよい。
  • ヒーローの足が遅い。移動速度を上げるスキルが全くないため。
    部下を別方向への探索に回して遺跡 ruin の場所だけ把握。5ターンおきにヒーローを部下に割り当て直し、見つけておいた遺跡を調査させるとよい。
  • 資金はジャブジャブに余る。川沿いの場合に産出量が増えたりするのでなおのこと。可能になり次第、建物や傭兵を買ってプレイをスピードアップする。
  • 初期のユニットは空を飛べない。Drakkenling は地面を歩く。
    Wyvern ワイバーンは飛べるが、わざわざ技術開発するのは惜しいので、飛べる傭兵を購入したほうがよい。

ゲーム・オブ・スローンズ Game of Thrones のボードゲーム

Game of Thrones: The Card Game

Game of Thrones: The Card Game

 

当然 Amazon でも販売しているが、ミュンヘン出張のついでにドイツで購入したので、ドイツ語だった。日本語訳のハカマを貼り付けないと、まるで遊べない。

カードゲームなので、そんなに難しくはないはずだ。

f:id:tombi-aburage:20161119091008j:plain

ということで死蔵中。

〔参考書籍〕ドローン産業応用のすべて―開発の基礎から活用の実際まで―

 約1年前の書籍だが、素人の社会人に分かるレベルで最も詳しいドローンの解説本。

ドローン産業応用のすべて―開発の基礎から活用の実際まで―

ドローン産業応用のすべて―開発の基礎から活用の実際まで―

 

などがバランスよく参考文献や本文で取り上げられており、ドローンに関する主要なトピックのほとんどがカバーされているので、通し読みするとよい。

動作原理の説明の数式とか行列式とかはわけわからんかったが。

 

Endless Legend Expansion Set(AAR)Wild Walkers

今回はワイルドウォーカー Wild Walkers。

新しい DLC が発売されたので、Mykara も表示されるようになった。Tempest 拡張までしかもっていないので選べないが。

f:id:tombi-aburage:20190127063838j:plain

アバターに置き換えて喩えると惑星オーリガがパンドラ、 Na'vi(青い先住民ね) が Wild Walkers に相当する。 

しかし古くなったコンテンツって安いんだね。購入でも1000円未満、視聴に200円になってしまうのか。

世界の設定は巨大 Huge かつ8勢力

いつもどおり。

f:id:tombi-aburage:20190127063732j:plain

Wild Walkers の最大の特徴は自領近辺の軍勢の動きが見えること。
また産業 industry の産出量が増強されており生産が速い。

f:id:tombi-aburage:20190127064057j:plain

軍勢の動きはエクスクラメーションマーク(!)で表示される。

f:id:tombi-aburage:20190126194215j:plain

視界外でも位置が分かるので簡単に迎撃できるが、自軍主力のエルフ弓兵の防御は弱く、バタバタと倒されるので注意。

損害をゼロにしたければ、これくらいの物量を揃えねばならない。

f:id:tombi-aburage:20190127102117j:plain

中々よいところにスポーン

周りを断崖絶壁で囲まれた大地の頂上にスポーン。かなり良い土地を視界内に見つけたが、そこに行くまでに3ターンかかる。

f:id:tombi-aburage:20190127070601j:plain

さすがに待てないので、出現位置に首都建設した。

ヒーローにはフルートのみ装備させる

何度かテストプレイした感じでは、直ぐに金欠になるので、視界を広げるリングの方は装着しないこととした。

f:id:tombi-aburage:20190127070813j:plain

研究開発も7つとも入れとく

順番はともかく、いつも同じのしか選んでいないので次の時代に行ける7つまでは選んでおく。

f:id:tombi-aburage:20190127071039j:plain

勢力固有のクエス

遺跡を4つ探索せよとのこと。どんな勢力だろうと必ずやりそうだ。

f:id:tombi-aburage:20190127071107j:plain

8ターンめに当然ながら達成。

f:id:tombi-aburage:20190127071715j:plain

次は小勢力の懐柔 pacification が条件。

f:id:tombi-aburage:20190127071741j:plain

小勢力を懐柔するのに、56ターンまでかかってしまった。次の条件もまたきっつい。

通常の陸軍は4ユニットが上限なので、6ユニットで訪問するためには陸軍技術の研究開発が必須。

f:id:tombi-aburage:20190127091814j:plain

研究開発とユニット増産で、69ターンまでかかってしまった。

f:id:tombi-aburage:20190127101447j:plain

街区をレベル2にせよとのこと。これは簡単だ。

f:id:tombi-aburage:20190127103640j:plain

とにかく建物を建て続ける

周りも森だし、かなり産業 industry の出力は高い。

f:id:tombi-aburage:20190127070939j:plain

アノマリ目指して街区延長。これもかなり早く建設できる。

f:id:tombi-aburage:20190127071654j:plain

余ったらエルフ弓兵を生産する。すぐに死ぬので。

ひたすら遺跡の盗掘をこなすが、武器は拾えず盾のみ

f:id:tombi-aburage:20190127072238j:plain

27ターンめにやっと、武器を拾ったがチタニウムがなく装備できず。

f:id:tombi-aburage:20190127074743j:plain

やっと村落に話しかけられるようになった(Turn 18)

Vaulters (Mezari)  と違ってあからさまに研究開発が遅い。

f:id:tombi-aburage:20190127072404j:plain

今回、首都のある州の小勢力の懐柔条件がけっこう厳しい。
小勢力を懐柔するために、最低でも小勢力3ユニットが必要だとは自己矛盾だわ。

f:id:tombi-aburage:20190127073446j:plain

そしてこの村落が、たえず強力な悪魔を吐き出してきて贅沢資源や植民者を襲う。

f:id:tombi-aburage:20190127074955j:plain

人口増やして民兵メインで戦って、やっと始末できるようになった。それまでに何人も倒れたが。

f:id:tombi-aburage:20190127081442j:plain

2つめの都市を北方に建設(Turn 26)

兵も連れてく。生産早すぎて籠城枠を越えそうなので。

f:id:tombi-aburage:20190127074621j:plain

タイマン勝負と見せかけてタコ殴り(Turn 59)

ミノタウロスの親分との一騎打ちで勝つ必要があるクエスト。

f:id:tombi-aburage:20190127092927j:plain

陸軍からヒーローだけを分離して村落に話しかけると、ミノタウロスの親分が村外れに出現した。

ミノ「ひとりで来るとは、見上げた根性だな。だが、俺には勝てんぞ」

ヒーロー「ごたくはいいから、はじめようや」

f:id:tombi-aburage:20190127093001j:plain

ミノ「ひ、卑怯なり!」

ヒーロー「何のことやらw」

f:id:tombi-aburage:20190127093012j:plain

ミノ「無念…」

f:id:tombi-aburage:20190127093103j:plain

f:id:tombi-aburage:20190127093236j:plain

やっと海に出られるようになった(Turn 100)

技術研究遅いわ~ ようやく100ターンで海に出た。

今回は火船 Fireship を研究開発して探索や戦闘に使っているので、以前のように陸軍ユニットで大洋に乗り出して、あっさり全滅ということはなくなった。

f:id:tombi-aburage:20190127161217j:plain

いくつか遺跡を調査したが、ひどく遠くへ行けと言われて困っている。

f:id:tombi-aburage:20190127154806j:plain

敵勢力 Forgotten を殲滅(Turn 116)

小勢力の1つを壁役として、背後から弓兵で打つ陸軍ビルド。
これで損害はかなり減った。

f:id:tombi-aburage:20190127163155j:plain

南方に展開していた Forgotten をスチームローラーで滅ぼす。

f:id:tombi-aburage:20190127174659j:plain

f:id:tombi-aburage:20190127174852j:plain

敵勢力 Broken Lord には逆にズタボロにされる(Turn 120)

その勢いで Broken Lord にも攻めかかったが、安直だった。

ヒーロー「ぜ、全滅?」

Broken Lord 「Forgotten とは違うのだよ!」

f:id:tombi-aburage:20190127183758j:plain

すべての戦闘能力がこちらの1.5倍~2倍だった。陸軍技術と装備の差のようだ。

継戦能力は十分あるが、WW の雰囲気は分かったので終了とする。

総評

  • とりあえず初期のエルフ弓兵は、何を相手にしても厳しい。触られたら死ぬ。
    壁役の小勢力を引き込み、混合させてはじめて生存率が上がった。
  • 研究開発がめちゃくちゃ遅い。Vaulter (Mezari) に慣れていると特に。
    Forgotten は滅ぼさず、和平で技術を脅し取ったほうがよかったかも。
  • 研究が遅い一方で、産業 industry 資源が大量なので、ムダに陸軍を作りすぎてしまった。都市の生産配分をもっと研究開発に振らないとダメだったらしい。

ノードベースのデータ分析ツール KNIME(ナイム)

フリーのデータ分析ツールとして Gretl というのがあるが、「いかにも学者向け」という感じで、いまいちやる気がおきなかった。

2018/9 に新刊発行されていた 

AI、IoTを成功に導く データ前処理の極意

AI、IoTを成功に導く データ前処理の極意

 

を読んでいたら、KNIME Analytics Platform | KNIME というノードベースのデータ分析ツールが紹介されていて、これなら片手間で自分にもできそうだと思った。

ダウンロードすると、ローカルにサンプルの分析ワークフローが10種類含まれていた。

  • 基本 Basic が3種類
  • 顧客分析 Customer Intelligence が4種類
  • 小売 Retail が2種類
  • ソーシャルメディア Socail Media 

f:id:tombi-aburage:20190126110044p:plain

1つめのワークフローのノードはこんな感じに定義されていた。

  • データ読み込み
    欠測値の補完、異常時の削除などの前処理ルールも定義できる
  • 色でデータ行にラベルを付ける
  • データを学習用と検証用に分割し、学習し予測する
  • 予測の精度を検証する

という分析の基本がワークフロー・ノードベースでグラフィカルに定義できて、実行できるという一貫性が素晴らしい。

それぞれは Excel でもがんばればできるが、試行錯誤も考えると、全体としてはこちらのほうが便利だ。

f:id:tombi-aburage:20190126105814p:plain

入力データについての記述統計量、生データのダンプ、可視化も出せる。

f:id:tombi-aburage:20190126111046p:plain

可視化については、常識的なグラフは大体ある。

f:id:tombi-aburage:20190126112854p:plain

  • 画面上に説明があるとはいえ、すべて英語
  • 分析手法についての細かい説明や、分析手法ごとの使い方説明なども Learning-hub にはあるものの英語

    www.knime.com

なので、

AI、IoTを成功に導く データ前処理の極意

AI、IoTを成功に導く データ前処理の極意

 

で、典型的な分析パターン別の基本的な定義手順を予習(もちろん日本語)しておいたほうがいいだろう。