そういう、ビジネスモデルです。

ビジネスモデル、設計図、模型などの現状と動向を考察、関連書籍の紹介

ビジネスモデル

〔関連書籍〕 起業バカ

対等な関係にみせかけて、実は他人のビジネスモデルのリソース、チャネル扱い。 フランチャイズで起業したら本部にカモられ身ぐるみ剥がれた事例が満載。 起業バカ (ペーパーバックス)作者: 渡辺仁出版社/メーカー: 光文社発売日: 2005/04/22メディア: 単行…

パートナー(KP)に社名だけ書いても議論はできない

主要パートナー(KP)欄には、社名や社名ロゴだけ描くのではなく、そのパートナーが自社になりかわって提供している主要活動(KA)、主要リソース(KR)相当の価値をコメント書きしておくようにしましょう。 自分より立派なパートナーを書くと安心しますが、もちろ…

9割がた失敗することを覚悟で事業ポートフォリオを組んでおく

失うものが無い若者であれば、自分と仲間が信じた1つの事業にガムシャラに賭けることもできるし、やめることも自由でしょうが、 そうでもないサラリーマン企業組織では、1つの事業に全部を賭ける発想自体が受け容れられません。はじめるのも稟議、やめるの…

〔関連書籍〕 シャドーワーク―知識創造を促す組織戦略

企業競争力を最も高めるプロデューサ型人材の条件(オフ、インプット、ブレークスルーの3種類のシャドーワーク全てを実行できること)がよく分かり、参考になった。 (自分の趣味でオフ型シャドーワークしかしない社員や、要領良く調整するが自らの意思がな…

〔関連書籍〕 やさしくわかるBABOK

ついに組織能力までも定義するお役目になったビジネスアナリスト向け知識体系(BABOK)についての初学書。 やさしくわかるBABOK作者: 清水千博,銅谷克樹,川添真智子出版社/メーカー: 秀和システム発売日: 2011/06メディア: 単行本 クリック: 14回この商品を…

〔関連書籍〕 新規事業・成功の〈教科書〉 ―200社以上に命を吹き込んだプロ中のプロが教える

大企業・中堅企業の社内で経験も無いのに新規事業立ち上げ担当になってしまった方にオススメ。 新規事業・成功の〈教科書〉 ―200社以上に命を吹き込んだプロ中のプロが教える作者: 坂本桂一出版社/メーカー: 東洋経済新報社発売日: 2010/04/09メディア: 単行…

アイデアは個人の頑張りで何とかなるにせよ、事業化となれば組織のほうも何とかしないと

新規ビジネスのプロジェクト成功率は、既存ビジネスのプロジェクト成功率の3分の1位しかありません(10% vs 30%)。 また新規ビジネスのプロジェクト期間は、既存ビジネスよりも長く、しかも大抵は、しばらく赤字です。 既存ビジネスなら3つプロジ…

〔関連書籍〕 一気に業界No.1になる!「新・家元制度」顧客獲得の仕組み―どんなビジネスにも使える! 継続率96%の秘密

インストラクター事業で事業パートナーを重層的に殖やし、一気に顧客を獲得するビジネス拡大のモデル。 一気に業界No.1になる!「新・家元制度」顧客獲得の仕組み―どんなビジネスにも使える! 継続率96%の秘密作者: 前田出出版社/メーカー: ダイヤモンド社発売…

〔関連書籍〕 リピーターがどんどん増える販促ツール―お金をかけずにできる!

ビジネスモデル関連というほどでもないですが。 リピーターがどんどん増える販促ツール―お金をかけずにできる! (PHPビジネス選書)作者: 永島幸夫出版社/メーカー: PHP研究所発売日: 2006/01メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る リピーターを…

チャネル(CH)や主要パートナー(KP)が顧客セグメント(CS)にもなるケース

優れたビジネスモデルは複数の事業、顧客セグメント、収益の流れをもっており、それらをうまく組み合わせてシナジーを出す構造になります。 例えば顧客セグメント(CS)が一般生活者であるようなサービス/商品についてはチャネル(CH)に手数料を取らせてあまね…

顧客との関係(CR)とチャネル(CH)の区別が悩ましい

価値提案(VP)と顧客セグメント(CS)の間にある2つの要素、 顧客との関係(CR) チャネル(CH) は、これらの間での使い分けも悩ましいところです。 チャネルは、それ自体がかなり顧客との関係の能力や、独自の価値提案(VP)能力をもつからこそ、チャネルなのです…

〔関連書籍〕 インフォグラフィックス―情報をデザインする視点と表現

ビジネスモデル・キャンバスにちょろちょろと描き入れる絵について、イングラフィックスにすると印象的です。 インフォグラフィックス―情報をデザインする視点と表現作者: 木村博之出版社/メーカー: 誠文堂新光社発売日: 2010/08メディア: 単行本購入: 11人 …

〔関連書籍〕 絶対!伝わる図解 面白いほど通るプレゼン作成術

自分の思いばかり出過ぎて、相手に全然響かない重厚長大なプレゼンを作りがちな人にオススメ。 まずプレゼンを作る自分のゴールを4W(誰に、何を、いつ、なぜ)ではっきりさせ、次に伝えたい相手のゴールを5W2H(2H:どのように、いくらで)で予想し…

顧客セグメント(CS)が違う事業のキャンバスは分ける

収益性の高いビジネスモデルは、 需要サイド(キャンバスの右半分)に厚みがある 顧客セグメント(CS)から複数の収入の流れ(R$)がある 供給サイド(キャンバスの左半分)はすっきりしている というものになります。 主要リソース(KR)、主要活動(KA)が共通なら…

〔関連書籍〕 行動ターゲティング広告

行動ターゲティング広告専業マイクロアド社長による解説本 他のインターネット広告方式と比較しながら、行動ターゲティング広告(*) の優位点や方式を解説している。なぜか付録扱いとなっている事例分析も具体的であり面白かった。(*) ビヘイビアターゲティン…

〔関連書籍〕 Facebookマーケティング戦略

Facebook以外のSNSも強い日本の現状をふまえた上でFacebook活用方法や日本の事例を解説。 Facebookマーケティング戦略作者: 池田紀行,株式会社トライバルメディアハウス出版社/メーカー: 翔泳社発売日: 2011/07/16メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 3人…

〔関連書籍〕 1日1時間で成功する! Facebookマーケティング

中堅以上の企業にお勤めの方で、Facebookによるマーケティングに取り組みたい場合にオススメ。 1日1時間で成功する! Facebookマーケティング作者: クリス・トレダウェイ,マリ・スミス,角征典,御供理恵出版社/メーカー: アスキー・メディアワークス発売日: 2…

顧客との関係(CR)やチャネル(CH)にSNSとか書いてみたり。

過去においては、インターネット販売、ECサイト、CRMなどと書かれていましたが、現在では当たり前になってしまったので、これらよりはレベルアップしたキーワードがここに入ることになります。 SNS以外にも、O2O、ゲーミフィケーションなどが流行…

〔関連書籍〕 ソーシャルストリーム・ビジネス

これからはSystems of Record (SoR)ではなく、Systems of Engagement (SoE)の時代になっていきそうです。(Geoffrey Mooreなる方のレポートからの用語) ソーシャルメディアを利用したビジネス手法の本ですが、BtoCビジネスにおける換金化(マネタイズ)手段…

〔関連書籍〕 iPhone&Androidアプリ内課金プログラミング完全ガイド

スマートフォンアプリ自体は無料配布したいが、利用に対して課金(マネタイズ)はしたい。手軽な方法としてはAPIの利用があります。 iPhone&Androidアプリ内課金プログラミング完全ガイド (Smart Mobile Developer)作者: 佐藤航陽,加藤勝也,瀬戸健二,日高…

スマートフォンでサービス提供したいが、課金するには?

今やパソコンよりスマートデバイスのほうが売れている時代です。 とりあえずスマートフォン利用者に訴えかける価値提案(VP)や顧客との関係(CR)と、収益の流れ(R$)を作ってみました。 そこでメンバから質問が。「どうやったらスマホで課金できるんですかね?…

〔関連書籍〕 ゲーミフィケーション

顧客との関係(CR)を高める手法として活用されているゲーミフィケーションについて、まとまっています。 ゲーミフィケーション作者: 神馬豪,石田宏実,木下裕司出版社/メーカー: 大和出版発売日: 2012/04/10メディア: 単行本(ソフトカバー)購入: 4人 クリッ…

〔関連書籍〕 アドボカシー・マーケティング 顧客主導の時代に信頼される企業

顧客との関係(CR)の一例です。海外のコンサル会社のサイトでは、最初に「あなたの役割は」と聞かれて、役割ごとに設けられたページに振り分けられるような設計のものもあります。 企業理念、製品、企業でニュートラルに設計されたサイトとくらべると、顧客志…

〔関連書籍〕 広告に携わる人の総合講座―広告のすべてがわかる理論とケース・スタディー〈平成18年版〉

とりあえず平成18年度版を読みましたが、アラカルトで事例が載っており特定の論者の持論に偏っていないので、このシリーズは参考になります。 広告に携わる人の総合講座―広告のすべてがわかる理論とケース・スタディー〈平成18年版〉作者: 日経広告研究所出…

顧客との関係(CR)に書かれているのが、会社の広報/拡販活動に見える

広報(Public Reations)/拡販(Sales Promotion)が顧客との関係(CR)の一部であることは確かです。しかしビジネスモデル創造をしているその最中に、経営一般の話をしても意味はありません。「CRM」とかも書くのも。 それはリソースに「ヒト、モノ、カネ、情報…

〔関連書籍〕 エピソード記述入門―実践と質的研究のために

新しいニーズを発見するには、エスノグラフィー(現場観察)が重要です。インターネット検索で見つかるものなんて全部二番煎じですから。 もう誰か別の人が何年も前に研究して、すでに事業化を狙ってますから。 洞察力を上げるのはとても難しいですが、アウ…

〔関連書籍〕 ビジュアル・ミーティング 予想外のアイデアと成果を生む「チーム会議」術

ビジネスモデル・キャンバスではビジネスモデルしか説明できません。ほかの手法もマスターしましょう。 ビジュアル・ミーティング 予想外のアイデアと成果を生む「チーム会議」術作者: デビッド・シベット,監訳:堀公俊,株式会社トライローグ出版社/メーカー:…

ビジネスモデル・キャンバスは描けたが、参加者以外に説明できない。

顧客が提供価値を味わって、財布からお金を払うまでのコンテクスト、ストーリーは、ビジネスモデル・キャンバスでは表現できません。 参加者の間では、コンテクスト、ストーリーが口頭でカバーされますが、これは参加者以外には伝わりません。 逆にコンテク…

〔関連書籍〕 プロジェクトマネジメントの考え方・進め方―強いチームをつくり、事業を成功に導く!

新規事業のプロジェクトは、既存事業にドップリ漬かって染まったチームメンバを洗脳...もとい育てながら、進めていくことになります。 ですので人材育成とプロジェクト運営が分離できません。 プロジェクトマネジメントの考え方・進め方―強いチームをつくり…

〔関連書籍〕 ホワイトスペース戦略 ビジネスモデルの<空白>をねらえ

ビジネスモデル・ジェネレーションの短い説明では、よく理解できない部分があると思います。概念的に近い内容で、文章できっちり説明している書籍を併読するとよいでしょう。 ホワイトスペース戦略 ビジネスモデルの<空白>をねらえ作者: マーク・ジョンソ…