読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そういう、ビジネスモデルです。

ビジネスモデル、設計図、模型などの現状と動向を考察、関連書籍の紹介

コンビニに置いてあるマルチコピー機のサービス供給者はシャープとゼロックス

ビジネスモデル

コンビニに置いてあるマルチコピー機。

いまやネット経由で様々なサービスが受けられますが、複写機メーカーとリンクしており、主なサービス供給者はシャープと富士ゼロックスです。キヤノンはサービスが無いらしく存在感がありません。

家庭用プリンタとの違いなども調べた結果:

コンビニのマルチコピー機と家庭用のカラープリンタは、どちらが便利で安上がりか? - NAVER まとめ

なおシャープは同じサービスを複数コンビニに展開していますが、
富士ゼロックスのほうはセブンイレブン主導になっているようにも見えます。
セブンイレブンはシャープを上回る独自のサービスを提供しています。

なお家庭用プリンタ市場を破壊する気はないらしく、価格設定は利益重視で、高止まりしています。

同じく存在感のないリコーですが、
RICOH ドキュメント翻訳サービス / 複合機・プリンター拡張機能 | リコー

のようなサービスを始めたようなので、流行れば外国人の多い地域とかにはお目見えするかもしれません。


富士ゼロックスVSシャープ コンビニ複合機で知恵比べ (1/2ページ) - SankeiBiz(サンケイビズ)