そういう、モデルなんです。

ビジネスモデル、設計図、模型などの現状と動向を考察、関連書籍の紹介

表情モーション(モーフ)を自作するのに疲れたので、手抜きの方策を模索する

早くも疲れたので、一旦中断して、手抜きの方策を模索する

手作業での作り方は分かったが、それすらも面倒くさいので、誰かが作った Sims 4 の表情ポーズを複写してリグ操作を省略できないか試してみる。

夜が明けたので朝6時半から作業を再開。

Sims 4 は利用者コミュニティで大量にポーズ集が公開されており、表情のポーズを集めたものもあるようだ。

これらを追加 append で採り入れれば、ポーズモードで顔面リグを逐一操作する作業が必要なくなり、ほとんど何もしなくてよくなるのではないかと考えた。

続きを読む

Sims 4 の人物モデルを VRM アバターに改造したら、顔と目のボーン(リグ)埋め込みで難航(解決)

Sims 4 の人物モデルを VRM アバターに改造した。髪や身体へのボーン(リグ)埋め込みは比較的容易だったが、顔周りのメッシュに対しての頭と目のボーン(リグ)埋め込みでは難航した。

メッシュの問題

  • 頭 Head と歯 Face(名前がおかしい)のメッシュを結合して顔メッシュ Face を作ったが、見かけ上問題なくても、実際には見えない開口部が沢山あった

リグ(ボーン)埋め込み時の問題

  • 自動ウェイトのさい、余計なリグ(ボーン)まで選択してしまった

頂点グループと頂点の割り当てがズレている問題

  • ボーン(リグ)埋め込み時または、メッシュの開口部をなくすために重複した頂点を統合したさいの副作用と思われるが、ある部位の頂点グループに別の部位の頂点が混在していたり、
  • なぜか頂点グループに対する一部の面(を構成する頂点)の割り当てが欠けていたり、
  • 眼球の頂点グループが眼球だけでなく、顔全体の頂点全てを指していたり、
  • 頂点グループに全ての頂点が含まれているように見えたが、実際には一部含まれていなかったり、

などが難航した原因だった。

続きを読む

2022/08/13朝にパソコン起動したら、ブルースクリーンで BAD SYSYEM CONFIG INFO が連発

本日 2022/08/13 朝にパソコンを起動したら、ブルースクリーンでBAD SYSYEM CONFIG INFO が連発して困った。

マザボBIOS を更新し、何度か再起動と自動修復を繰り返した後、いちおう起動はするようにはなった。以下は復活した後の現況を記録したもの。

続きを読む

メッシュ(モデル)にボーン(リグ)を埋め込んだところ、メッシュが裂けてしまった(解決)

リグとメッシュ(モデル)の統合に失敗した

Blender で人物モデルを作成中に、メッシュ(モデル)にボーン(リグ)を埋め込んだところ、ポーズモードでリグを動かすと、メッシュの方が裂けてしまった。

続きを読む

Blender で苦労して作成した表情モーフを、シェイプキーと関連づけて保存する

作成した表情を後で簡単に再現できるようにするには、作成した表情(実体は変形させられた顔面周りのメッシュの状態)をシェイプキー Shapekey に関連づけて保存(正確には適用)する必要がある。

この操作は、モードの切り替えや命令が多く、たいへん分かりづらい。

表情を13種類作るなら、少なくとも13個のシェイプキーを適用(保存)してテストする必要がある。

事前条件

  •  Blender に取り込んだ Sims 4 人物モデルのリグ(アーマチュア)を操作して、何らか表情(怒っている表情など)を試作済みである。
続きを読む

Sims 4 人物モデルの顔面のリグを動かして顔面の表情モーフを制作する練習をする

Blender に Sims 4 人物モデルをインポートし直した。

その顔面に多数配置されたリグ(ボーン)を動かし、顔面の表情モーフを制作する練習をしておく。VRoid VRM 人物モデルとは異なり、Sims 4 では顔面周りに多数のリグがあるので、これらをポーズモードで操作すれば表情を作ることができる。

事前条件

  • The Sims 4 Ripper で出力したSims 4 人物モデルが Blender に取り込まれている
    メッシュだけでなく、リグ(ボーン)も含むモデル全体が必要となる。
続きを読む