そういう、モデルなんです。

ビジネスモデル、設計図、模型などの現状と動向を考察、関連書籍の紹介

Acrobat Reader DC が 32bit で起動してしまうので 64bit にする設定を調べたところ...

OS が Windows 10 64bit 版なので、Acrobat Reader についても 64ビット版を使いたいのだが、毎度毎度いつも Adobe Acrobat Reader DC (32-bit) で起動してしまう。

 f:id:tombi-aburage:20210319063505p:plain

ググってみると 64bit 版は実在するので、再インストールすれば 64ビット版になるかと思ってやり直してみたが、32bit版のままだった。

f:id:tombi-aburage:20210319064342p:plain

アドビのサブスク販売の説明を見ても 32bit とか 64bit とかの識別は特にしていないようだ。

さらに調べてみたところ、以下のとおりだった。

2021/3/19時点では、日本で利用できる状態にはなかったらしい。

f:id:tombi-aburage:20210319063821p:plain

出典:Adobe Acrobat Reader DC の必要システム構成

今後段階的にとなっているので、順番は分からない。気長に待つか。 

コメント欄に、64bit版があるよ~と情報いただいたので追加調査

Adobeの海外サイトから、ファイル末尾のロケーションコードを ja_JP に差し替えるとダウンロードできるというコメントをいただきました。

2021.6.13にダウンロードしてノートンのファイルインサイトでチェックしたところ、まだ5名未満しか使用実績はないとのことでしたが、開発者は Adobe Inc. なので怪しい身元ではないようです。

f:id:tombi-aburage:20210613065000p:plain

ただまあ、今時点で32bit版で困っているわけでもないので、人柱は他の方にお願いしたいと思います。(試してみます!といっときながら試してない奴→私)

上記の記事を書いてから7カ月が経過した2021/10現在では、公式に日本語版64bit版がダウンロードメニューに現れている

公式ならインストールしてもいいだろう。
さっそくダウンロードしてインストールしてみることにした。

f:id:tombi-aburage:20211013075143p:plain

ダウンロードされたファイルは

  • readerdc64_jp_ka_cra_install.exe

という1.2MBくらいのインストーラのみのファイルだった。

これを起動するとマカフィー McAfee までダウンロードし始めたので中断して、もう一度ダウンロード画面に戻ってマカフィーのオプションは外してやり直した。

ノートンあるからマカフィーは要らない

f:id:tombi-aburage:20211013075632p:plain

そうすると少しだけファイル名が違うインストーラがダウンロードされた。

  • readerdc64_jp_xa_cra_install.exe

ついに64bit版に切り替えることができた!

今度はマカフィー抜きでダウンロードされ、インストールできた。

f:id:tombi-aburage:20211013080209p:plain

Chrome拡張機能もインストールされたようだ。

f:id:tombi-aburage:20211013080112p:plain

インストールする前のバージョン

2021.007.20095だった。

f:id:tombi-aburage:20211013075436p:plain

インストールした後のバージョン

2021.007.20099 | 64ビットと書かれているので、まさに64ビット版になっている。

f:id:tombi-aburage:20211013080959p:plain

体感では、高速になったとか安定したとか違いは分からないが、スッキリはした。