そういう、モデルなんです。

ビジネスモデル、設計図、模型などの現状と動向を考察、関連書籍の紹介

Unity で利用できる人物モデル(キャラクタ)を Blender で作るには?

モデルを Unity のヒューマノイド humanoid に合わせるべし

  • Blender では、骨(ボーン Bone)を組み合わせてモデルのポーズを簡単に操作できるようにする骨格の全体構成のことを、アーマチュア armature と呼んでいる。
  • アーマチュアに相当するものを、Unity ではメカニム mecanim と呼んでいる。
  • 人間の骨は 206本あるらしいが、もちろん全てをモデリングするほど暇ではないので、最低限で済ませたい。
  • Unity に取り込む(インポート)場合の最低限の骨格は、Unity 側で定められているヒューマノイドアバター humanoid avatars モデルのメカニムとなる。

    https://docs.unity3d.com/uploads/Main/AvatarIntro.jpg
    出所:Unity - Manual: Humanoid Avatars

  • よって、これを鑑として、Blender でアーマチュアを作成すればよい。

ヒューマノイドアバター humanoid avatars モデル

  • 上図の濃い二重丸◎の部分を、骨にすればよい。必須は15個ある。
    点線の二重丸の骨は必須ではないが、名前は決まっているので作る場合には合わせる。
  • 骨を命名するさいの英字名称は、以下のキーワードで検索すれば分かる。
    unity humanoid bone names
  • Blender の骨の名前を、上記と一致するように合わせればよい。

取り込みの手順

シェイプキー Shape Keys

  • シェイプキーによるアニメーションも取り込みたい。
  • 以下のようなキーワードで検索すれば色々な記事が見つかるだろう。
    unity blender shape key animation
  • シェイプキーが移行されたら、キーの値を変更するようなスクリプトを実装することにより、アニメーションさせることができる。