そういう、モデルなんです。

ビジネスモデル、設計図、模型などの現状と動向を考察、関連書籍の紹介

SWAROVSKI EAR PLUGS SQUARE GS 5388210 のケーブルがブチっと切れて、たらい回しとなる。

タカショー株主優待

スワロフスキーの装飾の付いた Bluetooth イヤープラグ

f:id:tombi-aburage:20210731000627j:plain

を入手した。

やたら字の小さい取扱説明書の仕様を iPad Mini のカメラで撮影して拡大して読むと、どうやら6番目のパーツとしてマイクはあるらしい?のだが、オンライン会議でマイクオンにしたつもりが誰にも聞こえていない?ようだったので、ちゃちいものらしい。

しかし2週間たたないうちにケーブルがブチっと抜けたので、タカショーから委託されてプレミアム優待クラブの実務を取り扱っているらしい百貨店(販売店)に修理か交換の対応を相談した。すると

  • 連絡先を渡されてメーカーに相談しろといわれた。
  • メーカーに相談したところ、販売店に相談しろといわれた。

その後の連絡も途絶気味で、コールセンターらしきところからの電話もいちいち要領を得ない。高々、交換ひとつ完了するのに1か月弱かかった。

修理・交換が長引いている間、同じプレミアム優待クラブで別途注文して入手してあった、完全に無線の質実剛健ヘッドセットを使っており、こちらの方が良い。

ケーブルがないから切れようもないし。

tombi-aburage.hatenablog.jp

なおスワロフスキーのカタログには、今やこの製品は掲載されておらず、検索するとインドの通販サイトくらいしか出てこない。もう知らんということだろうか。

www.swarovski.com

ブランドで虚飾された製品としてのサポート体制がまるでなっていない品物よりも、ブランドイメージはかけらもないけど、製品としてこだわりのあるものの方が良いと感じた。

ちなみに同梱の

25か国語を1枚にまとめていて、字が小さくて読めない。

いろいろ気にくわないが、なるべく毎日つかってみて、どれくらいで電気的・物理的に壊れるか試そうと思う。

まあ今回のことで、以下の結論となった。

  • スワロフスキーの電気製品みたいなものは、二度と買わない(もらわない)
  • 電気製品は電気屋で買う。流通業のコールセンターでは話が通じないし、そもそも扱っている品物に対する責任感というものがゼロ。
    ビックカメラヤマダ電機はどちらも店舗に行けば即座に修理プロセスに入るし、電気的な初期不良については店頭で事象を確認すれば即座に代替品を手配する。

    tombi-aburage.hatenablog.jp