そういう、モデルなんです。

ビジネスモデル、設計図、模型などの現状と動向を考察、関連書籍の紹介

IIJMIOで電話を発信できないのはMVNOの種類:SPNが未設定のせい(解決)

BICSIMの追加契約をして、2台目の旧式 Android 6.x スマホにsimを差して子供用にしている。

IIJMIOの音声通話付きの契約にしておいたので、電話番号も発番されており、電話が普通にできるはずなのだが、なぜかできない。

というか以前は通話できていたのに、今日はなぜかできない。

  • そのスマホから発信すると、発信音すら出ないまま、即座に終了となる。
  • 他のスマホから掛けた場合には、かけた側のスマホによって、かかる場合(楽天から)と、かけた側でも同じく即座に終了となり、かからない場合(IIJMIO)があった。
  • 関東では少なくとも通話できた(発話も受話も)実績があったのに、関西に移動したら通話できなくなった
  • データ通信はできる

ので、いったいどうなっているのか悩んだ。

素の電話ではかからなかったので、みおふぉんアプリを入れてみたが、それでもやっぱり同じ事象であり、発呼される気配すらない有様で箸にも棒にも掛からなかった。

結論としては、IIJMIODOCOMO系(タイプD回線)では、APNを登録するだけではダメで、詳細な設定をさらに行う必要があったらしい。

  • MVNOの種類:SPN
    これを設定すると以下が設定された。
  • MVNO値:NTT DOCOMO

設定したら、何もなかったかのように発信できるようになった。

但し、もう一台の方のスマホではこの設定をしていないのに掛けられるので、Android OS のバージョンによるのかもしれない。

www.kashi-mo.com