そういう、モデルなんです。

ビジネスモデル、設計図、模型などの現状と動向を考察、関連書籍の紹介

みずほ口座を普通預金(無利息型)に変更するのに1時間半

どうせ利息なんてほぼ無いので、ボケる前に口座を全額預金保険対象にでもすべく、無利息型に変更しとくことにした。

こんだけ市中資金ダブダブだと、収縮時に飛ぶ銀行もあるかもしれない。
なぁんて、今は上限内なので、無利息型とそうでない普通のやつとで、振込とかATM とか違うのか、試すこと自体に興味があるだけなのだが。
株投資を全停止して全出金すれば上限は超えるかもしれないので念のため。

先に変更した三井住友はネットで3分だったが、みずほは店舗で30分、移動含めて90分かかった。

f:id:tombi-aburage:20220129161607p:plain
まず収入印紙が必須かつ、店舗では買えない。郵便局を紹介された。
たった200円、手数料でいいからやっておいてよ。

戻ると順番待ちも最後尾に戻っていて、さらに15分待ち。
窓口に呼ばれたときの手続きは5分だったが、その後、さらに15分かかると言われ待機。←いまここ。

家でてからははや1時間半。この差は何なんだ。

帰宅後に差をチェック

みずほダイレクトにログインするさいの画像が表示されなくなった。
微妙な差ではあるが、なんでだろうか。
口座の種類(取引種類)は、普通のままだった。当座という種別になるわけではない。
無利息型というタイプの普通預金、みたいな説明だったので、まあそんなものか。