読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そういう、ビジネスモデルです。

ビジネスモデル、設計図、模型などの現状と動向を考察、関連書籍の紹介

顧客セグメント(CS)と価値提案(VP)の中身が薄い

ビジネスモデル

最初にリソース(KR)、パートナー(KP)に自社製品/サービス名や
自社パートナーが具体的に列挙されます。
その後、顧客セグメント(CS)と価値提案(VP)が書かれはじめます。

しかし顧客セグメント(CS)はかなりざっくりしており(顧客の業種程度)、
価値提案(VP)はカタログ・提案資料のセールストークの抜書きにとどまり、
そこらへんで手が止まって膠着します。

製品事業部門や研究開発部門などで
「売れていない製品/サービスをどういうビジネスモデルにすれば
売れるか」といったテーマで検討を始めるとこうなります。

 

f:id:tombi-aburage:20130802200031p:plain

 

製品/サービスが売れない原因は、ビジネスモデル創造手法で解決できる
ものではありません。
端的に製品/サービスの顧客セグメント(CS)と価値提案(VP)を
まず見直しましょう。

ビジネスモデル・ジェネレーションはビジネスモデル「世代」という
意味ではなく、ビジネスモデル「創造」という意味です(たぶん)。
よってそれ以外の用途には向きません。

  • お客様を分析し、その声をききましょう。
  • 営業の現場を見ましょう。
  • 営業ツール(カタログ・提案資料)を担当者任せにせずレビューしましょう。
  • 製品/サービスは本当に差別化されているか競合と比較しましょう。

ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書

ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書

図解ビジネスモデル・ジェネレーション ワークブック

図解ビジネスモデル・ジェネレーション ワークブック