そういう、モデルなんです。

ビジネスモデル、設計図、模型などの現状と動向を考察、関連書籍の紹介

Evernote のデスクトップ版とWeb版を同じパソコン上で使用すると端末数は2とカウントされるようだ(解決)

Evernote のデスクトップ版を既にインストールしていることを忘れていて、Web版にログインしたところ、端末数を増やしたいなら契約をアップグレードしてほしい旨の通知が表示された。

デスクトップ版のことを思い出したので、ブラウザはそのまま閉じて、デスクトップ版を起動すると、そこでも同じような端末数超過メッセージが表示された。

どうやら数分前にWeb版にログインしたことによって、端末数が2から3に即座に増えたようだ。

デスクトップ版の画面で、残す端末を選び直すことができるので、そこでWeb版を削除して端末数を2つに減らした。

これで3個目の端末は削除されたのだが、端末数を増やしたいなら契約をアップグレードしてほしい旨の通知画面は相変わらずモーダルで前面に表示されたままで消えず、コンテンツは利用できなかった。

仕方ないので、タスクマネージャーから Evernote デスクトップ版のアプリを強制終了させて再起動したら、使えるようになった。

不便だが、タダで利用している立場なので、我慢我慢。

CRMや名刺管理を導入してみたが、コンタクトすらも登録されない件

子会社所属なのだが、本社側に名刺管理サービスが採用され、子会社も適用範囲になったらしいことに最近気づいた。

顧客情報を統合する建前の CRM が親会社と子会社別々に運用される

名刺管理以前の話として、本社も子会社も、数年前からクラウドCRMを運用しており、そこに取引先のコンタクト情報を手入力するように、従業員に要求してきた。

子会社が本社の後追いで同じCRMを採用した経緯のようだが、別々に運用されていて、システムもデータも統合されていない。子会社がコンタクトする取引先は親会社と90%同じなのに、なぜ導入前に会話しなかったのか...

ITガバナンスはどこへ行った。

従業員はコンタクトを入力しない

自分は、紙の名刺なんぞはすぐに捨てたくてたまらない派の人間なので、

  • 自宅のスキャナでPDFにしてクラウドストレージにでも保存
    コロナであまり出社しないので複合機が使えない。名刺用スキャナがあるかどうかも分からない。
  • CRMログイン時に、二重運用かつ手間であっても黙々と入力
    CRMのログインが面倒くさいので、貯めといてまとめて入力

して名刺の方は捨てていたのだが、はっきりいって、CRMにコンタクトを全く入力しない従業員が多数派である。

自分が入力するついでに、他の従業員が獲得名刺を入力しているかどうかは、CRMの取引先単位の画面でコンタクトを一覧できるので、当然のことながら分かる。

何だよアイツら全然入力してないじゃねーか。と思うこと多数。

売上が数千億円単位の取引先なのにコンタクト3件とかって、普通ないよね…

役員も垂範率先しない。役員を含めて CRMを誰も使っていないことが、全社にくまなく共有される

最もコンタクトを持っているハズの役員が率先して登録する(秘書に登録をさせる)とか、そういうアクションも無い。

従業員には入力しろ入力しろと言っているが、自分はやらないということが、大手取引先のコンタクト登録データの傾向から、全てのCRM利用者(=幹部、従業員)の目に明らかな形で、白日の下に晒されている。

CRMにコンタクトが登録されていないということは、つまりはセールスやサポートのアクティビティをCRMには入力していないことを意味する。

まあ、CRM導入以前からコンタクトはできていて、すでに普段からメールやら携帯電話やら訪問やらでやりとりはできているので、わざわざデータ入力する動機はないのだろうが…

全社CRMで情報だけは全社共有されたことで、上から下まで、めいめい自己完結でセールスやサポートをやっているだけの組織文化だということがデータで分かった、ということが、まずは重要な成果でございます。

※予想を外した雨ごい師のポジティブ思考な言い訳

名刺管理を導入したが、CRMへコンタクト登録ができない

たぶんそういう傾向は分かった上で、CRMに加えて、手軽にデータ登録できるという触れ込みの名刺管理を導入するという運びになったのであろう。

しかしながら、

  • 本社のCRMと名刺管理はデータ連携しているけど、子会社の方は別契約のため連携していないので、二重入力は解消されない
  • 貯まった名刺を、自宅の家庭用フラットベッドスキャナでアップロードしたかったが、名刺管理サービスはフラットベッドスキャナに対応していない
  • 名刺を郵送でまとめて送付すると代行登録してもらえる専用封筒と代行入力サービスがあるようだが、あまり出社しないので、封筒を入手したり発送したりできない。経費を、どのように精算するのかもよくわからない
  • 名刺管理のスマホアプリで撮影してアップロードできるらしいのだが、スマホアプリと、セロトラスト環境・モバイルデバイス管理環境の相性が悪く、名刺管理サービスのログイン画面で無限ループしてログインすらもできない

以上のことから、せっかくの名刺管理は当面利用できないという結論となった。

スマホアプリをちゃんと開発できないのなら、PCサービスを強化して欲しい

スマホアプリは不具合が起きると、会社のIT部門でも、利用者サポートができない。

そして競争と変化の激しいゼロトラスト環境・MDM環境との相性があまりテストされていないままリリースされており、不安定でもある。

名刺を含んでいる単なる画像またはPDFをアップロードするようなダサい形でも構わないので、不具合が当面出ることのない、レガシー技術に依拠する安定版としてのPCサービスを用意して欲しい。

 

動画変換ツール ffmpeg を最新バージョン 5.0 に入れ替えた

gigazine.net

とのこと。かねてより動画のサイズ減らしに使っていたので、

tombi-aburage.hatenablog.jp

とりあえず入れ替えておくことにした。

Windows版の実行モジュール(バイナリ: exe)をダウンロード

https://ffmpeg.org/download.html#build-windows

サイトは2つあった。

f:id:tombi-aburage:20220119125252p:plain

上の gyan.dev から入手することにした。

いっぱいあるけど、最新リリース latest release version: 5.0 のどれかだろう。

拡張子 .7z の意味が分からなかったので、.zip のファイルをダウンロードした。

f:id:tombi-aburage:20220119125339p:plain

ダウンロード完了後、圧縮ファイル ZIP を展開

インストーラとかはなくて、いきなり実行モジュールやらドキュメントのフォルダがあった。

f:id:tombi-aburage:20220119125502p:plain

旧バージョンは

D:\Program Files (x86)\Program Files (x86)

配下に ffmpeg というサブフォルダで置いてあったので、適当な名前にフォルダ名を変更して退避した。

その後、D:\Program Files (x86)\Program Files (x86) 配下に上図のフォルダ一式を複写し、フォルダ名を ffmpeg に変更して、入れ替えが完了した。

コマンドプロンプト cmd を起動して動作確認

ffmpeg を実行。パスは以前に通していたらしく、すんなり起動した。

ffmpeg version 5.0 という文字があるので、最新版に入れ替わったようだ。

D:\Program Files (x86)\ffmpeg>dir
 ドライブ D のボリューム ラベルは アプリ です
 ボリューム シリアル番号は 99Z9-ZZ99 です

 D:\Program Files (x86)\ffmpegディレクト

2022/01/19  12:56    <DIR>          .
2022/01/19  12:56    <DIR>          ..
2022/01/19  12:56    <DIR>          bin
2022/01/19  12:56    <DIR>          doc
2022/01/19  12:54            35,147 LICENSE
2022/01/19  12:56    <DIR>          presets
2022/01/19  12:54             1,377 README.txt
               2 個のファイル              36,524 バイト
               5 個のディレクトリ  182,100,865,024 バイトの空き領域

D:\Program Files (x86)\ffmpeg>ffmpeg
ffmpeg version 5.0-essentials_build-www.gyan.dev Copyright (c) 2000-2022 the FFmpeg developers
  built with gcc 11.2.0 (Rev5, Built by MSYS2 project)

(以下略)

今すぐには使わないので、記録のみ残しておく

今すぐ使うわけではないので、とりあえずここで作業は止めておく。

AKROTIRI アクロティリは手軽な2人対戦ボードゲーム

2人用ボードゲーム
Railroad.ink ほどではないが、箱のサイズは小さいので持ち歩きできる。

14歳以上とのことだが、9歳でも別段普通にプレイできる。
よほど考え込まない限り、45分もかからないと思う。

NEW EDITION というバージョンが現在販売されている。旧バージョンと組み合わせると3人以上でプレイできるらしいが、試したことはない。

テーラ島という探検隊の出発点となる大きな島タイルの東西南北に、エーゲ海の島々を表象している小さめの島タイルを交互に並べていくことで、地図が四方に広がっていく。

島タイルを配置するたびに、タイル上に資源が2個ずつ配置され、それを探検隊の船で回収してテーラ島に持って帰って売却すると、資金が得られる。但し船には3個までしか資源を積み込めないので、うまくまとめて回収できるよう工夫することになる。

島タイルの置き方次第で、複数の島タイルの陸地部分がつながって、意外に大きな島が突然出来たりするのが面白い。その島が邪魔して、その先の島には行きづらくなったりとか・・・

資源回収で得た資金で、様々な難易度の遺跡(神殿)の所在地を示す地図を購入する。

地図が示されている条件に該当する場所(島)に船で向かい、そこで発掘の資金を支払って遺跡(神殿)を発掘すると、自分のターンで船が行動できる回数が増えたり、相手にはわからない秘密の加点条件が増えたりする。

場所の条件は、プレイヤーが交互に並べていった島タイルの配置のされ方次第で充足できるかどうかが決まるので、手元にある神殿の地図を睨みながら、条件を満たしやすいように島タイルを配置していく必要がある。

資金の使い道は神殿の地図購入と発掘しかなく、トレードオフになっている。

  • 高い難易度(条件が複雑だが、得点も高い)の神殿の発掘費用は9ドラクマ
  • 低い神殿(条件は単純だが、得点は低い)は3ドラクマ

地図購入に資金を使い過ぎ、肝心の発掘資金が足りなくなったりすることもままある。

どちらかのプレイヤーが神殿を全て発掘すると、ゲーム終了となり、得点が高い方が勝ちとなる。基本的には先に神殿を立てた方が勝つが、接戦の場合には、秘密の加点条件により勝敗が決まる。

ノートン自動延長サービスは「停止済み」表示を確認するまで完了ではないので注意すること

昔はギリギリに案内が来ており自動延長の停止は事実上できなかったのだが、今年は14日前に案内が来るなど、カイゼンされていた。

2年前はアラートが1日前だった

tombi-aburage.hatenablog.jp

去年がどうだったのかは記憶にないが、キャンセルせぬまま、自動延長になっていたようだ。

今年はアラートが2週間前になった

11/13のメールで、停止申込期限は11/27となっているので2週間の猶予があった。
契約終了は50日後だが、解約申し込みは14日以内にやって欲しいということらしい。

しかし自動延長キャンセルは決行する予定

しかしながら、

  • 半年くらい前にノートンセキュリティが不具合を起こして何ら稼働していなかった間、Windows OS 標準の Defender が防衛していて、それで別に何のトラブルも無かった

    tombi-aburage.hatenablog.jp

  • 実家に置いてきたPCのOS (Windows) のバージョンが 7 なのだが、いつの間にかノートンセキュリティにも見捨てられており、ライセンス5つのうち1つしか実質的に利用しておらず、5ライセンスも必要ない 
  • ランサムウェアに人質に取られても困るようなデータがないw

ので、自動延長をこのさい解約することにした。

ノートンアカウントのマイアカウントページからは解約できず、メールに貼られた専用リンクから解除しなければならない

ノートンアカウントで解約するものだと思っていたので、メール本文中にあったノートンアカウントのリンク

バイス/ストレージ容量について
お客様がお持ちのデバイス数・ストレージ容量は、ノートン アカウントでご確認ください。

脊髄反射的にクリックしたら、マイノートンのページが表示された。

去年とはずいぶん違う感じの画面になっており、何かクリックするたびにHTTPエラーになるのには閉口した。

ここでは現行のライセンスや利用状況を確認することはできたものの、キャンセルできそうなメニューはなかった。

サポートページの説明ではキャンセルできるかのように書かれている

サポート > 自動延長サービスと購入 > 問題解決関連の文書

  • ライセンス自動延長サービスの詳細

にある

  • どうすれば自動延長ライセンスをキャンセルできますか

という質問項目には、

自動延長ライセンスをキャンセルするには、自分のアカウントにサインインし、[ライセンス]タブに移動してキャンセルしてください。または、チャットでキャンセル方法を確認することもできます。

とあるが、実際には、この手順でアカウント画面からキャンセルすることはできない。

メールに記載されている専用にリンクから専用画面で解約する

メールに記載されている専用のリンクをクリックして、専用の画面でキャンセルする必要がある。

自動延長サービスの確認・停止について
各自動延長サービスの確認・停止はこちらから行ってください。

※前回の購入手続き(延長手続き等)の際に、自動延長サービスを申し込まなかったにもかかわらず、このメールが届いたお客様は、過去にご購入された製品の自動延長サービスが有効になっている可能性があります。
本メールに記載されている「自動延長加入時のご注文番号」にて状況をご確認ください。

※自動延長サービスの状態は必ず上記のページからご確認ください。
ノートン アカウントの情報は一部正常に反映されていない場合がございます。

専用の画面はこんな感じの画面です

注文番号はメールに記載のものを入力する。

メールアドレスは、注文時のメールアドレスなんて記憶にないが、案内を受信したメアドがつまりそれだと思ったので、それを入力した。

f:id:tombi-aburage:20211126074859p:plain

「次へ」を押してからが肝心です

メーリングリストの配信停止のようにワンクリックで停止されるわけではない。
ここから先の以下のメニューで、停止のための手順を進めていく必要がある。

から停止手続きを進めていく。

f:id:tombi-aburage:20211126075159p:plain

自動延長が有効になっているので、停止に変更して、停止ボタンを押す

この画面で、停止に変更して、停止ボタンを押せば、停止するかと思うだろうが、そうではない。

次のアンケートに答えて、その下にある停止ボタンをもう一度クリックする必要がある。

 

f:id:tombi-aburage:20211126075704p:plain

アンケートに答えて、その下にある停止ボタンをまた押す

今後 Windows Defender で粘ってみるつもりなのだが、その場合には、フリーのセキュリティソフトを使う、ということでいいのかな。

自由な意見欄が全角50文字以内っていうのは、制限しすぎじゃないか。

f:id:tombi-aburage:20211126075835p:plain

自動延長サービスの停止完了画面で、自動延長が停止となる

停止を承りました、と表示されるが、承っただけであり、実は停止されていないというオチがあってもおかしくないので、再度確認をする(受理と完了が同じではないかもしれないので)。

f:id:tombi-aburage:20211126080002p:plain

もう一度、申し込み状況確認を行って「停止済み」となっていることを確認したので、これで完了となる

停止手続きのリンクで状況確認ができるので、ここで再度確認する

f:id:tombi-aburage:20211126080108p:plain

「停止済み」と表示されているので、さすがにこれは信用してよいだろう。

f:id:tombi-aburage:20211126080135p:plain

自動延長サービス停止のご連絡というメールも来ていた。

f:id:tombi-aburage:20211126093654p:plain

ノートンのキャンセル手続きは、紳士的であるとはいえる

サポートページの記載と異なりマイアカウントではキャンセルができず、メールを見落としたらそれで試合終了という点はよろしくないが、2年前の有り得ないほど不親切なプロセスではなく、だいぶ改良はされていた。

未だに悪徳商法を続ける某有名会社もあるので注意

下記、実際にあった事例。いつになったら治るのか?

tombi-aburage.hatenablog.jp

 

msi x boost api not found というダイアログの消し方(断念)

2週間くらい前からOS起動直後に msi x boost api not found というダイアログが表示されるようになった。

MSIマザーボードを組み込んだ自作PCなので、MSIから提供される、やや行儀の悪い様々なソフトウェアも、たくさん裏で起動しているようなのだが、そのどれかに障害が発生したらしい。

MSIはこの障害を修正する気がないのか公式っぽいスレッドに回答は全くなく、サポートの回答どおりにしたところでいっこうに治らないなど、怨嗟の声が出ている。

forum-en.msi.com

しかし、利用者からの解決案の投稿はいくつかあった。

タスクマネジャーでシステムリソースの利用状況を表示

f:id:tombi-aburage:20211118222530p:plain

コントロールパネルの配下のどこかにあるらしいが、探すのが面倒くさければ、左下のCortana用の検索窓?で検索するとよい。

サービスタブにある、MSI_ActiveX_Service が停止状態になっているのが原因らしい

自動で起動するように設定されているが、実際には起動されず、停止状態となっている。このサービスを手動で開始すればエラーは出ないとのこと。

f:id:tombi-aburage:20211118222420p:plain

いちいち再起動するたびにこの設定をするくらいなら、放置の方がマシなので、再起動にも耐えられる解決方法がないのか、もう少しスレを読み込んでみた。

スタートアップの種類を、自動(遅延開始)に設定すると暫くはもったらしい

右クリックして、サービス管理ツールを開き、同名のエントリのプロパティを開く。

f:id:tombi-aburage:20211118222842p:plain

  • スタートアップの種類を、自動(遅延開始)に設定しておく。
  • その後、右クリックして手動で開始もかけておく

f:id:tombi-aburage:20211118224005p:plain

とりあえず設定しておいて、次の再起動後に再発するかどうか経過観察することにした。

残念ながら、この方法でも治らないようだ

いつも出るわけではないのだが、何回か再起動すると The API not find. が表示された。

自動(遅延開始)なっているのだが…

f:id:tombi-aburage:20211119210341p:plain

回数が減っただけマシだと考えることにする。

放置したら何か影響があるのか?

まったく分からないが、MSIが供給しているソフトは、あれば便利だが無くても別に支障がないユーティリティソフトの類ばかりなので、多分深刻な影響はないと思う。

少なくもここ2週間は、たんにOKボタンを押してダイアログを消していただけなのだが、特にトラブルも無かったので。

ダイアログを消した後に、MSI X BOOST を起動すると、それはそれで普通に動作しているから気にしないでいいのかも。

【悲報】Minecraft Java 版で Realms の解約が異様に困難に設計されていて7カ月解約できず、8,000円弱をぼられた(解決)

6月11日に、子供にせがまれてマインクラフト Minecraft でオンライン・マルチプレイを可能にする というレルムズ Realms のサブスクリプションを契約した。

どのみちすぐ飽きるだろうと思っており、ずっと継続する気はなかったのだが、1カ月後には、このサブスクリプションは自動更新されていた。

翌月には解約するつもりで8月10日に再度、解約しようとしたところ、正確には1カ月ではなく30日ごとの更新だったため、やはり1日違いで自動更新された後だった。残り30日とか表示されていた。

ギリギリに更新するのはやめようと別のゲームで学んだハズなのに、まったやってしまった…

tombi-aburage.hatenadiary.jp

何だか腹立たしい。

9月上旬にも解約しようとしたが、キャンセルする方法が分からず調べるのに数時間かかり、結局わからなかった。そのうちに日が変わり、また自動更新された。

今日こそは解約するぞ!ということで、本日11月6日に残り日数を確認したら、

f:id:tombi-aburage:20211106083209p:plain

あと1日で有効期限が切れます

とのこと。今日、完了させればいちおう間に合いそうな感じだ。

ちなみに生活というのは子供が付けた Realms の名前。もっと日常から脱却した名前付けろよ・・・

まずは公式のFAQで確認する

www.minecraft.net

によれば、

REALMS の自動更新サブスクリプションをキャンセルする方法は?
Java Editon 版の場合、 Mojang Account の Web サイト にログインします。すべてのサブスクリプションが一覧表示され、いつでもキャンセル可能です。

「Mojang Account の Web サイト」の文言の部分には、以下のサイトへのリンクが張られていた。

account.mojang.com

f:id:tombi-aburage:20211106084113p:plain

Realms Subscriptions
Minecraft Realms is our subscription based service for hosting your Minecraft worlds. Learn more about Minecraft Realms

Note: Realms purchases and management has moved to www.minecraft.net.

Realms の購入と管理は、www.minecraft.net に移動した、などと書かれており、この画面では、サブスクリプションは一覧表示されず、キャンセルすることもできなかった。

ブラウザに www.minecraft.net を入力して、ログインすると、プロフィール画面が表示された。

f:id:tombi-aburage:20211106083920p:plain

プロフィールを参照したが、キャンセルする方法は相変わらず分からない。

ここでも押せるボタンは1つしかないので「アカウントの編集/削除」ボタンを押すと、さっきの MOJANG STUDIOS のアカウント画面に遷移した。循環している。

ふたたび www.minecraft.net に戻って来たので、次に REALMS を押すと、いまのサブクリプションが残り日数1日と表示されていた。

f:id:tombi-aburage:20211106081919p:plain

キャンセルしたいだけなのだが、他にボタンがないので、不本意ながら「新しいREALMSサブスクリプションを購入」というボタンを押すと、「REALMSを買う」という画面が表示された。

生活を延長 (1日で期限切れ。このrealmを延長することはできません)

延長するつもりは4カ月前から、さらさらなかったので、このまま期限切れになってくれればいいのだが、これまで4カ月連続で自動更新されてきたので、この表示は、いわゆる消費者を誤認させるための詐欺的な表示だとしか、もう解釈できない。

プランを選ぶ

の所をみると、

  • どうやら「1カ月ごとに支払い」がデフォルト
  • 「1回だけ支払い」の「Realms 30 days」が、自動継続しない選択肢
  • 「1カ月ごとに支払い」自体をキャンセルする方法は不明

ということらしかった。

これは、手切れ金として「1回だけ支払い」の「Realms 30 days」で1,130円払わないとプランが変更できず、当月に解約ができない仕組みなのだろうか?

f:id:tombi-aburage:20211106083745p:plain

たぶんそうすれば来月末には解約できそうだが、普通は自動延長前に解約できるはずなので、目を皿にして見てみると、画面の下のほうに、説明があった。

* サブスクリプションはキャンセルされない限り、その時々の通常価格(変更される場合があります)プラス税金が課金され続けます。キャンセルはいつでも可能です。プロフィールを参照してください。サブスクリプションの休眠が18ヶ月以上続く場合、あなたの王国のデータはサーバーから削除されます。

** サブスクリプションの休眠が18ヶ月以上続く場合、あなたの王国のデータはサーバーから削除されます。

しかし先ほど「プロフィールを参照」しても、キャンセルはできなかったので、公式の説明に従って手続きをしようとしても、解約は実質的に不可能な構造になっているということが明確になった。

公式ではない事例を調べる

Java 版ではなく PE 版での事例はあった。https://micrape-kouryaku.com/realms-cancel/

PE 版では、Mincraft のゲーム画面からサブクリプションの管理ができるらしい。

Java 版では「申請」ボタンを押すと「Realmsの継続購入」というボタンは押せる。

f:id:tombi-aburage:20211106093147p:plain

キャンセルするつもりなのに、このボタンを押すのは本当に勇気がいる(というか不快)のだが押してみた。

すると、さっきの画面に戻ってきた。またしても循環している…

f:id:tombi-aburage:20211106083745p:plain

またプロフィールを参照したが、やはり循環していた。

これまで無視していたが、プロフィール画面には、MojangアカウントからMicrosoftアカウントにアカウントを移動させろという表示が出ていた。

もしかして、移行させた後ならキャンセルできるのだろうか?

f:id:tombi-aburage:20211106094418p:plain

全然アカウント移行なんぞはしたくなかったのだが、仕方ないのでアカウントを移すことにした。

登録しているメアドにワンタイムパスワードが送られてきた。

こんにちは [Mojangアカウント名]。
あと少しです! MojangアカウントからMicrosoftアカウントに移行するには、移行ウィンドウに次のコードを入力してください: 
[8桁の英数字]
コードは10 分間有効で、その後新しいコードのリクエストが必要になります。 このリクエストを行っていない場合は、アカウント情報が漏えいした可能性があります。minecraft.net/profileでパスワードを変更することをご検討ください。 
以上、よろしくお願いいたします。
Mojang Studios 

Microsoftアカウントはもとから作ってあり、そのメアドを Mojangアカウントにしていたので、特に複雑な手順はなく、すみやかに進行した。

もうすぐです…
今こそスキンや作成したもの、その他のあらゆるものを Microsoftアカウントに移行させましょう!

で移行完了すると、

f:id:tombi-aburage:20211106095147p:plain

となって移行は完了した…らしい。

「アカウント設定を変更 MICROSOFT.COMの」という中途半端なボタン名のボタンが下の方にあったので、そのまま MS アカウントの画面に移動すると、

f:id:tombi-aburage:20211106095422p:plain

というメニューがあったので、注文履歴において、

  • 注文詳細の検索条件をすべて
  • 注文期間もすべて

で検索したが、何も表示されなかった。

移行されたのはアカウントだけで、契約状況はどこにも引き継がれていないようだった。

登録メアドには Mojangアカウント移行完了というメールが来て、今後、Mojang アカウントは利用できなくなったようだ。

いつもサービスをご利用いただきありがとうございます [アカウント名]。
お使いのMojangアカウントは正常にMicrosoftアカウントに移行されました。
今後Microsoftアカウントを使用してMinecraft LauncherおよびMinecraft.netにサインインできます。 以前のMojangアカウントの情報は無効となり、今後ご利用いただくことはできません。 現在もMojangアカウントでサインインしている場所がある場合は、サインアウトしてアカウントを削除してください。 

サービスとサブスクリプション

Microsoft アカウントの画面上部の「…」を押すと、「サービスとサブスクリプション」画面が表示された。

f:id:tombi-aburage:20211106095721p:plain

しかしここにも、別段マイクラサブスクリプションは表示されていなかった。

「定期請求の停止またはサブスクリプションの取り消し」の説明を読んでも全然分からない。

support.microsoft.com

Xbox ゲーマータグが追加されたので、もしかして、XBOX サイトで管理されているのかもしれないと思って XBOX のサイト www.xbox.com にも行ってみた。

XBOXMicrosoft アカウントのサイトとは別のサイトになっていたので、そこにログインした。

f:id:tombi-aburage:20211106100534p:plain

プロフィールを参照してみたが、特にサブスクの情報はなく、そもそも購入済みゲームの一覧などもここにはなかった。

移行された後のアカウントでマイクラにログインして同じ手順を繰り返す

Mojang から Microsoft にアカウント移行したことにより、Minecraft の画面操作が変わったかどうかを確認してみた。しかしプロフィール、REALMSを買うを循環するだけで、まったく解決に至らなかった。

Minecraft HELP CNETER というサイトを確認してみたが一致せず

f:id:tombi-aburage:20211106104214p:plain

自動的に飛ばされるプロフィール/アカウントの画面で、Yes, Pause というボタンを押せばいつでもキャンセルできると書いてある。

しかし、そもそも上記のような繰り返し払い RECURRING PAYMENTS 相当の一覧がどこにも表示されていない。

f:id:tombi-aburage:20211106105000p:plain

請求情報のほうにはカード情報は一見保存されていないようだが、過去数カ月課金されているので、本当は裏で保存されているのかもしれない。

f:id:tombi-aburage:20211106105818p:plain

このまま明日になれば解約されるのであれば、別に問題はないのだが、ここ4カ月間は常に自動更新されてきたので、甚だ疑わしい。

外人が2021年2月頃に作った解約方法の動画を発見

ここ1年くらいに期間限定してググってみた。

www.youあtube.com

これまでに書いたのと、まったく同じような調査をしていて、同じような苦情を述べていた。どこを見てもキャンセル方法が書いていないと。ループしていると。

しかし結局どうすることもできず仕舞いだった。

最低のユーザー体験だと批判していたが、まったくそのとおりだ。

実際に課金されているのか、クレカのサイトでも一応確認したら、やはり課金されていた

2021年7月分のクレジットカード利用明細

6月分の課金がされている。日付は6月10日となっている。

それ以外の3,000円のほうは、自宅内でのマルチプレイ用に、もう一つ Java Edition のアカウントを追加購入したことによるもの。

f:id:tombi-aburage:20211106113539p:plain

2021年8月分のクレジットカード利用明細

7月分の課金がされている。日付は7月10日となっている。

f:id:tombi-aburage:20211106113635p:plain

2021年9月分~11月分のクレジットカード利用明細

8月分~10月分の課金がされている。
30日ごとの更新なので、大の月を経過するたびに日は繰り上がっている。

f:id:tombi-aburage:20211106113346p:plain

f:id:tombi-aburage:20211106114158p:plain

f:id:tombi-aburage:20211106114415p:plain

やっぱり着々と課金されていた。

先の動画のコメントにレルムを閉じればよいとの報告があった

3カ月前に、サポートに問い合わせしてもらった返事が以下だったとのこと。

Hot! I submitted a support ticket and shortly after I received a response.
To cancel a recurring subscription you can go to your realm in the game menu and close the realm.
Doing this will tell you how many days are remaining and should prompt you to choose another plan to reopen once that time is up.
Kinda wack they made that such a confusing process.

  • リピート請求されるサブスクをキャンセルするには、Realm を閉じろ
  • 残りの日数が表示され、時間切れになった時には、別のプランを選択するように注意喚起される
  • なぜこんなにややこしい手順にしたんだ

つい先月にも、同様のコメントがあった。

I know this is a very late comment but ->
in the actual minecraft game go to the realms section
then go to the settings at the top and then click "close realm".

After that go back to the minecraft website and go to the realms section then there should be a pop up next to your realms subscription. Hopefully this helped :)

  • レルムを閉じる close realmf:id:tombi-aburage:20211106120252p:plain
  • イクラのウェブサイトに戻ると、レルム realms のセクションの自分のレルムのサブスクの横にポップアップが表示される

記載のとおりゲーム画面でRealmsを閉じてみたら、状態の表示は CLOSED に変わった。

f:id:tombi-aburage:20211106120424p:plain

さようなら生活 Realm。

これで来月、請求を確認してみてみることにする。

これは違法なのでは?

  • 動画の人も言っていたが、いつでもキャンセルできると書いてありながら、キャンセルする方法は見当たらない
  • プロフィール/アカウントの画面で、Yes, Pause というボタンを押せばいつでもキャンセルできるとサポートサイトに画面イメージ付きで書いてあるが、実際には表示されない場合があるらしい
    自分はそれに該当、動画のコメント欄にも同様の事象を報告している人がいた
  • レルムを閉じれば、それがサブスクのキャンセルになるとも書いていない
  • Microsoftアカウントに移行したとしても、サブスクリプション画面には何も表示されず、当然解約もできない

昔の保険会社・証券会社・銀行で横行していた、解約手続きを異様に面倒にする嫌がらせと、ほとんど同じ手口。

表示と実際が明らかに異なったままで9カ月も放置しているので、これは意図的にやっていると見られても仕方ない。

もし来月(明後日)に請求されていたら、さらに1カ月分、被害が拡大することになろう。

Java版だけの問題なのかも?

Java 版以外は、解約手順などが Google で見つかったので、Java版・MOJANGアカウントの場合の問題なのかもしれない。

翌月、また課金されました orz

生活レルムをクローズしてあったにもかかわらず、11月7日付でまた課金された。

f:id:tombi-aburage:20211114125126p:plain
これは本格的にダメだ。これで5,000円ぼられた。

Microsoft アカウントの動作もおかしい

課金とは関係ないが、マイクラ自体の動作もおかしくなったと子供から報告が。

Minecraft Launcher ランチャーが更新されたらしく、子供アカウント(サブアカウント)でダウンロードしようとしたら親の承認が必要とのこと。

Minecraft Launcher の購入を希望していますが、これは設定した年齢制限を超えていると評価されます。 入手する場合は、[許可] を選択します。 そうしない場合は、制限が適用されます。 

しかし許可をしても、エラーとなるばかりで許可されない。

f:id:tombi-aburage:20211125075221p:plain

ついに手切れ金を支払うことに・・・

2021年12月の解約作業は、1日違いでまたやり忘れてしまった。
またまた課金が発生したようだ orz

f:id:tombi-aburage:20220109134645p:plain

年が明けて2022年1月、ついに別プランを選択する方法に挑むことにした。

相変わらず、生活Realmは1日で期限切れ、延長できないという表示のまま。ラジオボタンにはスラッシュが入っており、新しいRealmを作成しか選択できない。

課金停止を願って 11月に CLOSED にしてあった生活 Realm をいったん OPEN 状態に変更し、再度この画面を表示させてみたが、それでもやはり、スラッシュが入った状態のままであり、表示は変わらなかった。

仕方ないので、新しいRealmを作成を選んで「1回だけ支払い」を行うことにした。

f:id:tombi-aburage:20220105192417p:plain

クレジットカード情報は登録していないので、PayPalでの支払いにしておく。

まあ結局のところ、PayPal に紐づいた同じクレジットカードで払っているだけなのだが、直接クレカ情報をマイクラアカウントに登録するよりは気分的にはマシだ。

f:id:tombi-aburage:20220105192610p:plain

購入すると、レシートが発行された。

f:id:tombi-aburage:20220105193135p:plain

もう1つ別のRealmができただけ・・・さらにぼられたか?

購入し終わると「すべてのREALMS」に、「My Realm」という名前で、初期化されていない「UNINITIALIZED」状態のレルムが1つ増えた。

もともとあった 生活という名前の Realm は、残り日数1日で OPEN になっている。

これはもしかして、もう1つ別のサーバを契約させられただけなのか?

f:id:tombi-aburage:20220105193230p:plain

OPENになっている生活 Realm を再び Minecraft ランチャーから閉じて、直後に申請ボタンを押してみた。すると、開始されていないサブスクリプションがあるので、生活 Realm を開始できない、とのことだった。

My Realms が初期化されていないことを、開始されていないと言っているらしい。

f:id:tombi-aburage:20220105194213p:plain

「すべてのREALMS」を閲覧すると、生活レルムの状態は CLOSEDに変わった。

f:id:tombi-aburage:20220105194336p:plain

ランチャーの方でレルムを確認すると、そちらも2つに増えていたので、

作業中に日が変わって課金されたりしないよう生活レルムは閉じた CLOSEDままで、さきほど購入した新しい Realm を初期化してレルムを開始した。

名前は、子供が今度こそわかりやすく付けてくれた。

  • happy new year 2022 

…いま父はとても悲しい気持ちなのだが。

f:id:tombi-aburage:20220105194932p:plain

これで新しいレルムが初期化されたので、ここで試しに、再び生活レルムを選択して、申請ボタンを押すと、以下の画面に変化していた。

ふうむ、先ほど初期化した happy new year 2022 レルムが増えたな…

f:id:tombi-aburage:20220105194916p:plain

おや、生活を延長(1日で期限切れ以下略のラジオボタンの部分の表示が少し変わったような…拡大してみると:

f:id:tombi-aburage:20220105195130p:plain

ラジオボタンが選択された状態で、スラッシュが入っている。

相変わらず延長できませんと書いてあるが、その一方で「プランを選ぶ」は「1ヶ月ごとに支払い」が規定で選択状態となっている。

もしこれでまた課金されたら、もう一体何が正しいのか全然わからない。
いや、だいぶ前から納得していないけど。さらに納得できない。

別アカウントに課金されていたことに気づく

家庭内マルチのために別途購入していたもう1つのMinecraftアカウント(子供用サブアカウント)は、昨年末にランチャーが更新不能となっており、子供が苦情を述べていたので、何とかして復活させる努力をしてみることにした。

子供用サブアカウントは本人(子供)の Microsoft アカウントで作成していたので、そのアカウントで Windows にログインし直した。

この Microsoft アカウントに紐づいている Outlook のメールアドレスに、やたらメールが来ていたので見てみたら、Minecraft 関連の案内も大量に来ていることに今更ながら気づいた。

このサブアカウントについては、最初から Xbox ゲーマータグが付与されているので、作成した時点から Mojang アカウントではなく Microsoft アカウントだったと思われる。

お世話になっております。

Minecraft Realmsに登録していただき、ありがとうございます。お客様に楽しんでいただけたら幸いです!

なお、お客様のMinecraft Realmsのサブスクリプションは3日後に自動更新されます。

サブスクリプションのキャンセル、または詳細の変更は次のURLでお願いします:https://aka.ms/ViewJavaRealms

さらによく調べると、過去数ヶ月に渡り、このメアドに「注文の受領書」なるものが来ていた。どうやら過去数ヶ月の自動支払いはこのアカウントの方から行われていたらしい。

購入アイテム:
•    1 x 30 Day Recurring Minecraft Realms Subscription を JPY 904.00 (自動更新)
•    ----------------------------------
•    合計: JPY 904.00 (消費税10%を含む)

このサブアカウントのプロフィール画面を見ると、そこではクレジットカード情報を削除することができ、カード削除を行うとサブスクリプションはキャンセルされると書いてあった。

f:id:tombi-aburage:20220109131841p:plain

保存済みの日付を見ると、6月10日となっており、サブスク契約日と同日である。

とりあえず、クレジットカード情報は削除しておくことにした。

これにより、このサブアカウントも、メインアカウントも、クレジットカード情報が削除された状態になった。

f:id:tombi-aburage:20220105201555p:plain

年が明けて(?)サブアカウントのランチャーも自然に(?)更新・起動ができるようになっていたので、サブ垢側の生活レルムも CLOSE にしておいた。説明どおりカードを削除したので、自動更新はキャンセルされていると思うが念のため。

これにより、このサブアカウントも、メインアカウントも、生活レルムが閉じられた状態になった。

サブカウントの「REALMS」で一覧を見ると、「REALMS TRIAL」の画面が表示されているだけで、レルムの一覧が表示されないようになっている。

f:id:tombi-aburage:20220105200644p:plain

どうやら、さきほどメインアカウントで作成したRealmは別契約であり、さらに1ヶ月分ぼられたらしいな・・・

どうやらサブアカウントの方で生活レルムを作成してメインアカウントを生活レルムに招待したのだが、キャンセルをメインアカウントでしようとして、ハマっていたようだ。

11月の時点では、メインアカウントではRealmを閉じていた CLOSED のだが、サブアカウント側ではランチャーが更新・起動できず Realm退出もしていなかったので、利用中という扱いで代金を取られていたらしい。

メインアカウント側では何ら契約変更の操作は出来ないクセに、レルムの一覧にはしっかり表示されており、さらには「1日で期限切れ」だの、「延長できない」だの表示されるのは実に紛らわしい。

いずれにしても先ほど、メインアカウントで作成した新規Realmは、単に別契約で作られてしまったようだ。数日後、メインアカウントMicrosoft アカウントに紐づいたメールに請求書が来ていた orz

Paypal [メインアカウントのメアド] Wed Jan 05 10:25:48 UTC 2022で、お客様のMojang ABへのお支払いが完了しました。 
国:JP
購入アイテム:
•    1 x 30 Day Minecraft Realms Subscription を JPY 1130.00
•    ----------------------------------
•    合計: JPY 1130.00 (消費税10%を含む)

こちらは Recurring Subscription ではないので、30日で切れるのはおそらく確実だが…

7日を過ぎたので、クレカのサイトを確認したら、サブスクのほうの課金については止まっていた。

1月9日にクレカのサイトを確認した。

毎月7日にクレカから引き落とされていたサブスク代金 904円は、ついに引き落としが停止された。万歳!万歳!万歳!

PAYPAL支払いの30日分は、1月5日に引き落としされている。まあ仕方ない…

f:id:tombi-aburage:20220109135049p:plain

かれこれ、のべ8,000円近くぼられた計算だ。本当にひどいユーザー体験だった。

メインアカウントのランチャーで生活レルムの状態を確認すると、

  • Realm の期限が切れました

のように表示されている。

f:id:tombi-aburage:20220109180041p:plain