そういう、モデルなんです。

ビジネスモデル、設計図、模型などの現状と動向を考察、関連書籍の紹介

Blender 3.2.2 Python API クイックスタートの抄訳

Quickstart — Blender Python API

はじめる前に Before Starting

  • 開発者用オプション Developer Extra と Python ツールチップを表示  Python Tooltips を有効にすること
    • Blender のメニューボタンなどにマウスオーバーすると Python では何という名前なのか、とても薄暗い文字でツールチップに表示してくれる。
      オブジェクトの名前までは教えてくれない。
    • Blender のメニューボタンなどの右クリックメニューで APIリファレンスに跳べる

  • Python コンソールのオートコンプリートを活用せよ
    Python コンソールの右クリックメニューの一番下に [オートコンプリートがある。
    • 途中まで入力した内容が正しくて一択の場合には自動的に補完され、
    • 正しいけれど複数候補がある場合は下に緑色の字で候補が表示される。メソッドとかデータとか属性とか区別つかない感じでひたすら。

    • 完全に間違っている場合は何も表示されない
  • テキストディタのテンプレートにサンプルがある
    何のサンプルなのかの説明はないので、慣れてから使うものなのだろう...

スクリプトの実行 Running Scripts

コンソールに直接タイプ(もしくはコピペ)するか、テキストエディタに書いてからスクリプト実行する。メニューバー右端に Scripting というメニューがある。

基本概念 Key Concepts 

データアクセス

データブロックにアクセスする
  • bpy.data モジュールを使う
    • コンソールに bpy.data. と入力してオートコンプリートするとウンザリする位、選択肢が出てくる
    • その下に複数のデータがあるものを指定すると(例えば bpy.data.objects)、配列の要素数とデータ型を返してくるらしい
配列にアクセスする Accessing Collections
  • 要素インデックスには、名前とインデックス数値が使用できるが、名前を使う方が安全なのはいうまでもない
  • list 命令にその下に複数のデータがあるものを指定すると、要素に入っているデータの名前が分かる。例えば list(bpy.data.objects)
属性にアクセスする Accessing Attributes

オブジェクトモデルが分かっていないと、何が属性なのか分かりませんが...

コンテクスト

  • 例えば bpy.context.selected_objects は、利用者が Blender の画面上で選択しているものが何かを返す

オペレーター(ツール)

  • 利用者が選択できるメニュー項目のことをオペレータというらしい。

オペレーター(ポーリング) Operator Poll()

  • そのオペレーターを実施しようとするにあたって、そもそも現在のモードやカーソルの居場所が、正しいかどうかを事前チェックするもの。

 

 

 

VRoid からエクスポートされたアバターの頂点グループに対する頂点割り当て

VRoid からエクスポートしたアバターのボーン(リグ、アーマチュア)を、VRoid 由来のものではない他の人体モデルのメッシュに自動ウェイトで埋め込み、アバターを VMagicMirror で再生したところ、

  • 腕を上げたら脇の下がもっこりと膨れる
  • 足や腕を上げたら、それぞれ脇の下や腹回りが凹む
  • 腕を動かすと腕や胸の肉がスライムのようにプヨプヨと揺れる

などのアバターの不具合があった。

それらを補正するにあたり、頂点グループに対する頂点割り当ての状況を VMagicMirror で利用できるサンプルモデル AvatarSmaple_C で確認した。

続きを読む

ボーン(リグ)埋め込みのさい、埋め込まないつもりのボーンは非表示や不選択ではなく、別アーマチュアに隔離すべき。

先ほどのアバター製作で、腕を上げると脇の下がもっこりし、腕を下げると上半身が異様に凹むなどの不具合が発見された。

メッシュを部位ごとに分解してボーンを入れたとしたら、この現象が発生しないのかどうかを確認した。

この話の結論としては、自動ウェイトの処理対象から外すつもりで一部のボーンを非表示にしていたが、自動ウェイトの処理対象から外されていなかった。

実際には、埋め込み処理しないつもりのボーン(リグ)は [別アーマチュアに分離する]  で明確に分離し、さらに非表示にした上で、処理をすべきだった。

続きを読む

Sims 4 の人物モデルをなるべく手戻りさせず一日以内で VRM アバターに改造する

使用ソフトウェア一覧

  • The Sims  ※特別セールだと75%引き500円
    • TS4 SimRipper Classic v3.13.1.0
  • VRoid Studio
  • Blender 3.2.2
  • VRoid Hub

The Sims 4 にて適当に人物モデルを作成する

氏名も含めて自動生成したジーン・クロフォード Jean Crawford 氏

続きを読む

Sims 4 の人物モデルを VRM アバターに改造して VMagicMirror で動作確認した(成功)

Sims 4 の人物モデルを Blender に取り込み、Vroid のボーン・リグ・ブレンドシェイプキーを組み込んだ VRM アバターに改造する。髪・身体までは道なりで問題なかったが、顔面の表情で難航。しかし何とか完成した。

続きを読む

頂点グループに含まれる頂点たちを正しくしたら、まつげと歯の分離は起きなくなった。

Sims 4 人物モデルを Blender にインポートして VRM アバターを作成しているが、顔の部分のメッシュについて安直に近傍頂点の統合 Merge を行ったところ、頂点グループへの頂点たちの割り当てがおかしくなったようだ。

顔へのボーン(リグ)埋め込みは行ったものの、ポーズモードでテストすると

  • まつげと上下の歯が分離する

不具合が残っていた。

続きを読む

2022/08/14 Windows 10 再起不能、再インストールする。

数日前からブルースクリーン BAD SYSYEM CONFIG INFO が発生し始めたが、遂に何再起動しても Windows を通常起動することができなくなった。

個人設定とファイルは残せたものの、アプリケーションは全部初期化する他なかった。実に4年半ぶりの全部リセットである。

続きを読む