そういう、モデルなんです。

ビジネスモデル、設計図、模型などの現状と動向を考察、関連書籍の紹介

商品分類・商品

商品分類

  • 国際的流通標準化団体GS1が定める商品分類コード。
  • 現在、食品・飲料・タバコ、日用品など37大分類が公開されています。
 
 

日本百貨店協会.商品分類コード

 

■商品

 

JEDICOS.商品マスター情報

流通業界における商品データベース

  • JICFS(ジクフス)というJAN コード商品情報データベース
    • 運用開始から既に10 年以上が経過
  • IF-DB(アイエフ・ディービー)という総合商品情報データベース
    • DB 構造、情報項目及び機能の面でJICFS とは全く別のシステムですが、
      JICFS に登録済みのデータ、JICFS の商品分類、及びデータの収集、
      整備、提供の仕組みと体制についてはそのまま継承

 

  • 生鮮標準商品コード[13] 生鮮取引電子化推進協議会
    「標準品名コード」(必須)と「標準商品属性コード」(選択)から構成される。
    「標準商品属性コード」は品目毎に設定可能生鮮品取引電子化Q&A 集参照)。
    コードは「
    標準商品コードデータベース」から入手できる。
    登録された各社の商品は「
    青果物商品情報データベース」に登録される。
    • 青果標準品名コード(aka.ベジフルコード)
      • 青果物を品種(種苗)等によって区分した分類単位のコード体系です。
        標準品名コード(5桁)の上位概念に相当する分類を示しています。
      • 4922+標準品名コード+栽培方法等区分(P)+規格(VS)+C/D(生鮮フラグ)生鮮標準商品コード
    • 食肉標準商品コード
      • 4922 + 7 + 標準品名コード+00(固定)+C/D
      • 畜種コード、部位コード、精肉コードの組み合わせ
      • 牛、豚、鶏、副生物ごとに準拠コードあり
      • 米食肉業務用卸協会(NAMP)、
        オーストラリア食肉畜産公社(AMLC)とAUS-MEATと対比可能
    • 水産物標準商品コード
      • 4922 + 6 + 標準品名コード+態様(T)+形状・部位(S1S2)+C/D
    • 花き(整備中?)(aka.日本花き取引コードの品種コード)

日本花き取引コード普及促進協議会

  • 日本花き取引コード
    • 日本国内に流通している花きの品種および商品形態(切花、
      鉢物など)を識別するためのコード
    • 現在、品種は約50,000 品種[5]が、商品形態[2]は約40 が登録

 

  • 日本花き取引コード
    • 日本国内に流通している花きの品種および商品形態(切花、
      鉢物など)を識別するためのコード
    • 現在、品種は約50,000 品種[5]が、商品形態[2]は約40 が登録

 

  • 生鮮JANコード
    • 標準品名コードに標準商品属性コードを組み合わせて、主に小売業の既存システムによる発注やPOS システムにおける商品管理に活用

GS1.GTIN(グローバルトレードアイテムナンバー)

  • JANコード(国際的にはGTIN-13、GTIN-8と呼びます。)
    • 標準タイプの13桁と小物商品にのみ利用できる短縮タイプの8桁がある
    • 例)商品識別番号=国コード+メーカコード+プロダクト番号+検査符号
    • 「商品識別番号」は、ある商品分類体系に属さなければならないし、
      「メーカ(企業)コード」も産業分類体系に属すことが求められる。
  • 商品分類(GPC)
    • 現在、食品・飲料・タバコ、日用品など37大分類が公開されています。
    • Segment, Family, Class
  • 集合包装用商品コードGTIN-14)
    • 集合包装(ケース、ボール、パレットなど)に対し設定された
      商品識別コードで、主に受発注や納品、入出荷、仕分け、
      棚卸管理等において商品識別コードとして使われ、
      国際標準ではGTIN-14と呼ばれます。 
    • 集合包装用商品コードは、消費者が小売業の店頭で購入する
      単位(JANコードにより識別される単位)ではなく、
      企業間の取引単位に設定される商品識別コードです。

国際連合.国連標準商品及びサービスコード(UNSPSC)

JANシンボル(EANシンボル)

  • 1つの数字を表すため7つの帯(モジュール)を2本の黒バーと
    2本の白バーを組み合わせて表現するバーコードシンボルです
  • JANコード(国際的にはGTIN-13、GTIN-8と呼びます。)をコンピュータや各種の情報機器に自動入力するために標準化されたバーコードシンボルです。

UPCコード

  • 米国で規格され主にカナダ、アメリカなどの北米で使用されている。
    12桁(UPC-E)あるいは7桁(UPC-A)

 

ISBN国際センター.ISBN(国際標準図書番号)コード[13]

 

流通システム開発センター.書籍JANコード

流通システム開発センター.定期刊行物コード(雑誌)

  • 雑誌など定期刊行物用に使用するJANコードであり、
    通常のJANコード体系とは異なります。

SKU

  • 在庫管理する商品単位です。これを「単品」と呼ぶ企業もあります

アイテム

  • 大きな意味での商品として単位です
  • SKU単位のコードをJANコードと呼ぶ場合、
    このアイテム単位のものを「代表JAN」と呼ぶこともあります。
  • 具体例
    アイテム = キャベツ
    SKU    = キャベツ1個、キャベツ1/2、キャベツ1/4(3SKU)

 

バーコード

 

国際的貨物識別コード「ライセンスプレート・ナンバー(LPN)」

  • 複数の発番機関の番号が同じコード体系で利用可能
  • 国際物流ラベル(バーコード)において使用
  • 発番機関コード[3]+企業識別コード[9]+品目コード[6]+シリアル番号[5]

物流バーコードITF)[14,16]

  • 基本的に商品コードと数量しか表示できません。
  • EAN-128 は、さまざまな情報もあわせて表示できます。
  • パッケージ・インディケータ(PI)[1]
    +C/Dを除くJANコード[12]+
    C/D

 

GS1-128(旧称:UCC/EAN-128)

  • 流通・製造・物流・サービス分野における商品関連情報や
    企業間取引情報をコード番号で体系化し、
    その識別コード番号と商品関連情報、及び企業間取引情報を
    「コード128」というバーコードシンボルで表現したもの
  • 商品関連データ (製造日、賞味期限、有効期限、使用期限、
    製造番号、ロット番号等) 企業間取引データ(注文番号、
    梱包番号、請求先企業コード、出荷先企業コード等)

物流バーコード(EAN-128)[26-48]

  • EAN-128 は、さまざまな情報もあわせて表示できます。
  • JAN コードやITF のように桁ごとに意味が定められているのではなく、「アプリケーション識別子(AI)」と呼ばれる番号と実際のデータを組み合わせることにより、自由な表現が可能となっています。
  • 生鮮品の段ボールには、商品名と入り数以外に、産地や等級、階級といった情報が記載されることが多いので、生鮮品にはEAN-128 の方が適していると思われます。
  •  

インストアコード [13]

  • 各店舗内でのみ通用する独自商品コード
  • 店内で加工する肉類や惣菜、また衣類関係
  • 生鮮ではチェックデジットの前の桁が
    そのまま値段を現しているケースがほとんど