読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そういう、ビジネスモデルです。

ビジネスモデル、設計図、模型などの現状と動向を考察、関連書籍の紹介

〔関連書籍〕 アドボカシー・マーケティング 顧客主導の時代に信頼される企業

顧客との関係(CR)の一例です。海外のコンサル会社のサイトでは、
最初に「あなたの役割は」と聞かれて、役割ごとに設けられたページに
振り分けられるような設計のものもあります。

企業理念、製品、企業でニュートラルに設計されたサイトとくらべると、
顧客志向を感じます。

アドボカシー・マーケティング 顧客主導の時代に信頼される企業 (ウォートン経営戦略シリーズ)

アドボカシー・マーケティング 顧客主導の時代に信頼される企業 (ウォートン経営戦略シリーズ)

  • 作者: グレン・アーバン,スカイライトコンサルティング,山岡隆志
  • 出版社/メーカー: 英治出版
  • 発売日: 2006/11/14
  • メディア: 単行本
  • 購入: 2人 クリック: 11回
  • この商品を含むブログ (9件) を見る

ICTをフル活用してCRMを超えた顧客支援(アドボカシー)戦略を徹底すれば業績は伸びる。

ICTを活用して顧客支援(アドボカシー)戦略を効果的に実行し、成果を上げている企業の事例が豊富。

バーチャル・アドバイザー、バーチャル・アドボケートなどのアイデアは参考になった。

第2章 第3のマーケティング戦略

革新的な企業はCRMを超えて顧客支援(アドボカシー)戦略を導入していると説明。

コラム1では「イーベイ」の信頼を生み出すサービス群の事例(4頁)を紹介している。

第3章 業界を革新するカスタマー・パワー

アドボカシー戦略の頂点を極めるには「バーチャル・アドバイザー」が必須と主張。

ICT技術を活用することで、安上がりで高度な顧客支援ができることを示す。

知能と使いやすさが異なる5つの方式について得失・事例を解説し、どのように自社に取り入れて使い分けるべきか示唆している。

  • ノキアやGMの「ユーティリテイ・モデル」方式
  • ペルソナでアドバイザーを選ぶXFIの「オートアドバイザー」その他、サービス事例を数点紹介

など