そういう、モデルなんです。

ビジネスモデル、設計図、模型などの現状と動向を考察、関連書籍の紹介

HDMIケーブルを差したらD-Subケーブルが差さらなくなるようなノートPCの場合には、D-Sub のネジ止め部分をへし折ってしまえ

ノートパソコンに2004年式の外部モニタ ( アナログ / D-Sub 15ピン ) を接続しようとしたら、隣のHDMIケーブルが邪魔で D-Sub 端子が物理的に刺さらなかった。

www.iodata.jp

HDMIケーブルの方も何種類か持っていたので、一番横幅が狭いタイプのものを刺すようにはしたのが、それでも最初ははまらなかった。 

というのも D-Sub 15ピンのコネクタの両側には、指で回してねじ止め固定するためのリューズや金具があるのだが、ノートパソコンに接続する場合には、この部分の張り出しが邪魔になる。

解決策は簡単で、HDMIと干渉している右側のエラ部分の樹脂をカッターで切断して取り除き、それでも残った金具は、ラジオペンチで内側に90度曲げた。

f:id:tombi-aburage:20210810133720p:plain

いまどき D-Sub 出力のパソコンなんて、ほとんどないので、このケーブルは今後、

  • D-Sub 15ピン(右側のみスリムタイプ)

として生き永らえていくこととなろう。