そういう、モデルなんです。

ビジネスモデル、設計図、模型などの現状と動向を考察、関連書籍の紹介

輸送機関・輸送手段

貨物・荷物がどのような手段で輸送されるのかを示す。
管理対象である貨物・荷物から見た場合の「運ばれ方」というロールである。

物流トランザクションのトリップに付けられる参照データ(コード・区分・分類)となっていることが多い。

輸送機関を選択するのは通常は出荷する側の荷主で、品質・納期などの制約を満たし、かつ運賃・諸経費が最低となるような輸送機関・輸送手段を選択する。
モーダルシフトの文脈では輸送モードと呼ぶこともある。

長距離の輸送の場合には、結局は物流会社に委託するが、委託先を決める前に貨物・荷物の特性や、出荷するさいの単位(ロット)を考慮して、輸送機関・輸送手段だけ決めておくことが多い。

  • 陸路、 陸上、陸運
    • 鉄道、トラック…
  • 空路、空輸、空運
  • 水路、海路、航路、海上、海運
    • コンテナ船、バージ、バルカー、タンカー…
  • 管路、パイプライン
    石油元売・ガス会社では輸送機関扱いだった
  • 国際郵便
    少量/小口の貨物(荷物)であれば郵便ネットワークを活用できる

支持方式

  • 反力支持方式 陸運の方式
  • 揚力支持方式 空運の方式
  • 浮力支持方式 海運の方式

荷姿

なお貨物・荷物が固体の場合には損傷しないように防護されているはずで、それは荷姿・梱包・包装と呼ばれ、輸送機関・輸送手段とは別に管理される。

船舶

tombi-aburage.hatenablog.jp

鉄道

tombi-aburage.hatenablog.jp