そういう、モデルなんです。

ビジネスモデル、設計図、模型などの現状と動向を考察、関連書籍の紹介

Daz Studio 4.x Pro [Free] で人物フィギュア Figure のサンプルが一人も出てこない(解決)

DAZ 3D とかいうものでアバターを作ろうと思ってインストールして3秒の初心者。

さっそく人物フィギュアのモデルを生成しようと思い、いかにも自動生成をしてくれそうな GENESIS というボタンを押したが何も起きない。

普通はすぐに使えるサンプルだとか、ありそうなものなのだが...

この話の結論は、バックグラウンドのダウンロードを待てば終わる

利用者に気付きにくい形で、ウラでコンテンツ(アセット)のダウンロードが行われているということを知らず、完了を待っていないかっただけだった。

以下は疑心暗鬼の中で行った、様々な問題解決に向けた切り分け作業の報告。
印象としては、今のところ、かなり出来が良くないソフトウェアのようだった。
無償なのはありがたいのだが...

インストールの問題だろうか?

PCに複数用意してある Windows アカウントの1つ(仮に甲とする)で DAZ Central と DAZ Studio をインストールしたのだが、その直後に、このアカウント(甲)で使うつもりはなかったことに気付いた。

そこで別の Windows アカウント(乙)に切り替えて、先ほど甲でインストールした DAZ Studio の実行形式ファイルを探し出し、そこへのショートカットを手動でデスクトップに作成して利用しようとした。

このとき冒頭の事象になったので、問題が発生したものと思い込んだ。

そこでインストールしたときの Windows アカウント(甲)にログインし直し、DAZ Studio を起動してみた。

すると以下のような事象になった。

コンテンツディレクトリを同じ場所に設定していいか訊かれた。

Cドライブになっている点を除けば、複数アカウントで共用することに文句はない。

多分これは問題ないだろう。

データベース PostgreSQL CMS の接続が確立できない

もしかすると、もう一方の Windows アカウントの方で接続が作られたか、競合しているのかもしれない。

データベース接続が無いためか、 Windows アカウント(甲)の方では GENESIS すらも表示されない。これは困る。

複数 Windows アカウントでの使い分けが想定されていないソフトウェアなのかもしれないと思い始めた。

Windows アカウント(乙) に Daz Central をインストールしようとしたらエラー

Windows アカウント(乙)の方では、インストーラを使って Daz Centeral や DAZ Studio をインストールしておらず、 Windows アカウント(甲)でインストールした DAZ Studio の実行形式ファイルへのショートカットを手動でデスクトップに作成して利用しようとしたに過ぎなかった。

これが問題だとするなら、Windows アカウント(乙)でもインストールプロセスを走らせれば動作するようになるかもしれない。

そこでサイトからダウンロードしたインストーラ DazCentral_1.5.0.20_Win64.exe を実行してみたらエラーとなった。

しかしこれは、何のことはなくポカミスだった。

強引にショートカットから起動した Daz Central がウラで起動されたままになっていた。Das Studio は終了させていたが、Daz Central は実行中だったので怒られたようだ。

エラーメッセージはほとんど何の役にも立たなかった。

Windows アカウント(乙) に Daz Central をインストール成功

Das Central も終了してからインストーラを実行し直すと、Windows アカウント(甲)で指定したフォルダを同じ場所を指定してインストールすることができた。

上のショートカットが以前に手作業で作成したもので、下のショートカットがインストーラにより生成されたもの。

しかしインストールしたからといって、もともとの問題は解決されなかった。

振り出しに戻った。

Windows アカウント(甲) の Daz Studio を起動

比較のため、甲の環境を確認することにした。デスクトップに DAZ Studio 4.20 (64-bit) というアイコンもあったので、それをダブルクリックして起動した。

すると今度は接続エラーは発生せず、その代わり、額縁入りの注意マークのアイコンが表示された。

これは全く別原因の既障害らしかった。

CMS Cluster Directory」か、「DAZ Connect Data」のファイルパスに日本語が入ってしまってないかチェック。

poseroboegaki.com

チェックしてみたら、まさにこれに該当していた。

Windowsアカウントが漢字氏名なので、その余波で、ユーザーディレクトリが漢字氏名フォルダとなっていた。

Windows 導入時(5年位前)に漢字氏名のまま Windows ユーザー環境を作ってしまったのは痛恨のミスだったのだが、この根本原因を今更除去するのは、これとは別のアプリで更なる追突事故を招きそうだったので、単にこのWindows アカウント(甲)では DAZ 3D を使わないことにした。

office-hack.com

環境をきれいにしたいので、DAZ 3Dをアンインストール。

先ほど、Windows アカウント(乙)の方でも同じインストール先フォルダを指定したので、このアンインストール操作によってファイルが消された可能性は高い。

二度手間となったがWindows アカウント(乙)の方では念のため、再インストールした方がよさそうだ。

Windows アカウント(乙) に Daz Central を再インストール

デスクトップからは、以前にあった2つのショートカット

は消滅していた。こんなとこだけは丁寧だな Windows 10。

そのわりには[アプリと機能]の方には、まだ存在しており半端な感じとなっていた。

いちおうクリーンにしておこうと思ってアンインストールしようとしたら、同じインストール先フォルダを指定したことが仇となり、エラーでアンインストールできなかった。

しかしサイトからダウンロードしたインストーラ DazCentral_1.5.0.20_Win64.exe を実行して、上書き再インストールすることには支障はなかった。

フォルダ名は英語であり、額縁入りの注意マークのアイコンは出ないが、もともとの問題は未解決のままだ。

Windows アカウント(乙)の方では、Windows 導入時に気を付けて英字名フォルダを指定していたらしく、漢字氏名フォルダにはなっていなかった。

とはいえ、再インストールによって、人物フィギュアのサンプルが見つからないという元の問題が解決したわけでもなかった。

もしかすると、この状態が正しいのかもしれないと思い始めた。

チュートリアル動画を見ていると、DAZ Central の前身だと思われる DAZ Install Manager なるものを使って、本体以外にも色々無償コンテンツを指定してダウンロードしていた。

探してみると DAZ Central の Daz Studio Assests に色々あった

しかしどれが人物モデルなのか分からなかった。

このうち

には男女の人物像らしき背景の絵柄があったので、試しにこれをインストールしてみたら、904MBもあるのに、一瞬でインストール完了した。

これであたかも、追加はされたかのように見えた...

しかしこれは罠だった。

追加は完了しておらず、いまだ続行中という意味だった。

よく見ると、画面左下の方に進行中ゲージがあって数字が増え続けている...

よくよく観察すると、サムネイルアイコンの色が変化している。
どうやらこれは、インストールをしている最中ということを示している進行中ゲージも兼ねるものであったらしい。分かりにくいぞ。

つまりは先ほど一瞬で終わったように見えた 900MB 以上のデータは、実際にはいまバックグラウンドでシコシコとダウンロードしているようだ。

どういうインタフェースだよ...コレ...

データもCドライブに入ってしまっている気がするので、後でフォルダは修正しておこう...

しかしインストールが終わっても、やっぱり何の人物フィギュア雛型も表示されなかった。

そのくせコンテンツライブラリを参照すると、サムネイルは増えていた

右クリックしてコンテンツライブラリ内の製品を参照 Show Product in Content Library を選択すると、

これに含まれているらしいアセットのサムネイルが表示された。

人物っぽいものをクリックして追加しようとしたがエラーとなった。

サムネイルが指し示している本体のファイルが見つからないようで、追加できなかった。

実は、押すべきサムネイルはアクター Actor だった

さきほど押したのはマテリアル Material だったらしい。人体のモデルはアクター Actor というカテゴリで、これについては、かなり下の方にサムネイルがあった。

上の方には検索窓があるが、これはかなり役立たずなもので、Actor と入力しても絞り込まれず、Basic Male と指定しても絞り込まれない。

ファイル Files タブの左端で人物 Fitures を選択するのが手っ取り早い。

 

いつの間にか、全ての製品のサムネイルも増えていた

最初は何もなかった全ての製品 All Products にサムネイルが増えていた。何故だ?

でも Genesis Starter Essentials にはサムネイルが無い

何故だ?

Genesis Starter Essentials の [インストールの更新] Install Update を行ってみたら、どうやら真ん中らへんからダウンロード再開が始まった。

もしかすると、最初のインストールのさいに気付かず、途中で中断してしまっていたのかもしれない。

Genesis Starter Essentials にもサムネイルが表示された

最後まで完了すると、こちらにもサムネイルが表示された。

Cドライブにしたくないなら Base Path Location は変更すべき

Daz Studio およびダウンロードコンテンツが利用者に何も尋ねることなく Cドライブに標準インストールされてしまう件については、インストールする前に、右上にあるギアアイコンでフォルダを変更すればよかったらしいが、そんなこと気づくはずがない。